妊娠初期のつわりの一種として、寒気が感じる症状があります。突如現れる、風邪のひき始めのような不快な寒気にはやはり不安を感じてしまいますよね。

妊娠初期の寒気は流産の兆候だとの考え方が広まっているので、余計に不安に駆られてしまいますが、この説には医学的な根拠なんてありません。

寒気と流産は全く関係のないものであるといわれていますが、体調、さらに気持ちが不安定になりがちな妊娠中は心配事が多くなってしまいます。そんなお悩みから解放されて心落ち着いたマタニティライフが過ごせるように、今回は寒気の原因と対策法について説明します。


スポンサードリンク


妊娠超初期から妊娠初期における、寒気の特徴と流産との関係性は?

妊娠”超”初期の兆候は寒気も現れる?

「妊娠超初期」とは、妊娠検査薬や病院の検査で妊娠が判明するよりも前の期間を指す俗称です。大体のところ妊娠0週0日(最終月経初日)から3,4週までが該当しているといわれています。

この時期は妊娠しているかどうかは確定できませんが、体調の変化を敏感に感じる方は、わずかながらも自分の体内が変わってゆく様子がわかるとのことです。妊娠によるホルモンバランスや自律神経の乱れが、慢性的な体調不良を引き起こすのです。

妊娠超初期に感じる体調の変化は人によって様々で、胸が張って痛くなる、眠気を感じる、おりものの量や色の変化、腰痛、頻尿などがありますが、寒気を感じることもあるので風邪の症状と誤解してしまいがちです。

特に妊娠超初期は妊婦さん自身が妊娠に気付いていない場合が多いので、風邪をひいたと思い込んで市販薬を飲んでしまうという不注意をしないように気を付けましょう。

妊娠初期は寒気と様々な症状との闘い!とにかく休養しよう。

妊娠初期は一般的に妊娠4週から15週目、すなわち2ヶ月目から4ヶ月目までの3ヶ月の期間といわれています。妊娠初期は寒気以外にも、複数の不快なつわりの症状が同時に現れてくる時期でもあるので、妊婦さんたちにとっては最も辛い時期であるかもしれません。

先述の妊娠超初期症状よりも症状を強く感じることが多く、特に寒気はつわりの代表的な症状のひとつであり、症状の感じ方には個人差こそありますが、常に寒気を感じる人や、特に就寝前の寒気が気になる人、また身体の火照りと寒気を交互に感じる、風邪のような症状を訴える人がいます。

やはり原因は妊娠超初期同様に、自律神経のバランスの乱れによる体調不良から引き起こされるものです。さらに免疫力の低下も重なって、風邪に似た症状の現れ方を強く感じてしまうので、とにかくストレスを感じない生活習慣を心がけて、無理をせずに休養を取ることが体調をできるだけ安定させる方法です。

ひどく寒気が感じる、高熱が出るなど、これは風邪の症状かな?と判断に悩む場合は、独断で市販薬を服用してしまわずにかかりつけの産婦人科に相談して、医師の指示を仰ぎましょう。

なぜ、妊娠初期の寒気が流産の兆候と誤解されてしまうの?

つわりの一種として寒気を感じる症状は、多くの妊婦さんが経験するものですので深刻に心配する必要はありません。さらに、医学的な根拠は全くありません。

「妊娠初期に寒気がする」と聞いて流産と結びつけてしまうのは、寒気が体温の低下を意味するものと考えられて、ずっと高かった体温が下がってしまうことは切迫流産につながるとの迷信があるからだといわれています。

基礎体温が高い状態が続くと、自身の体温と周囲の気温差が大きくなって常に寒気を感じるのです。風邪をひいた時のような、背筋がぞくぞくする感じの寒気がある場合は妊娠が順調に進んでいる証拠ですので心配することはありません。

一般的に流産の兆候は、寒気に加えて発熱や出血、腹痛、突然つわりが無くなるといった症状がみられます。もし、このような症状がみられた場合は速やかに産婦人科を受診しましょう。

寒気を感じる原因とは?対策法もご紹介!

基礎体温と自律神経、ホルモンバランスの変化

基礎体温の用語で、「高温期」と「低温期」という言葉があります。妊娠が成立してからはホルモンバランスの変化によって高温期が持続されて、普段の体温よりも0.3~0.6℃程度体温が高くなり、微熱が続く状態の人もいます。

本来はこの程度の体温差によって体調に変化をおよぼすことはまずありませんが、急なホルモンバランスの変化に身体が追い付かなくなることもあり、外気との気温差を身体が敏感に感じ取ってしまうせいで寒気を感じることが多いといわれています。

また、ホルモンバランスの大きな変化によって自律神経が乱れてしまいがちです。自律神経の乱れは体温調節を困難にさせて、身体の冷えをもたらしてしまうことが寒気の原因にもなります。

さらに冷えから腰痛や腹痛を引き起こすことも多いので、服装を厚着にする、夏場は長時間冷房の効いた部屋にこもらないようにする、入浴時はぬるめの温度のお湯にゆっくり時間をかけてつかるなどして、身体を冷やさないことを徹底しましょう。


スポンサードリンク


「つわり」の症状としての寒気

つわりは、一般的に妊娠5~6週頃から始まるといわれています。多くの妊婦さんにみられる主な症状は、吐き気や嘔吐、全身の倦怠感以外にも頭痛、腰痛、食欲不振、身体の火照りやのぼせる感じなどがあり、大抵は複数の症状を併発します。

つわりの症状の種類は実に人それぞれで、いまだにつわりが起こる原因は特定できていません。寒気もつわりの症状の一種との考えがあり、基礎体温の変動による寒気と火照りを交互に感じることで身体が大きなストレスを感じてしまうことがあります。

できるだけ規則正しい生活を心がけて、仕事や家事などを無理し過ぎずに休養しましょう。

つわりでの吐き気によって食欲が低下すると、ついジュースやアイスクリームなどの冷たいものに手が伸びてしまいがちです。冷たいものを摂ることが習慣化すると、冷え症による寒気に悩むことになってしまうので、身体を温める食品を積極的に取り入れていきましょう。

低血圧、貧血による血行不良も寒気の原因のひとつ

妊娠によって低血圧の症状が現れる人がいます。妊娠すると子宮への血流が急激に増えるため、脳にまで十分な血液供給がされない場合があります。

その際に生じる立ちくらみやめまいは主に低血圧の症状であり、同時に寒気を感じることがあります。それらの症状は水分の不足によって引き起こされるので、しっかりと水分補給を心がけましょう。

さらに、子宮とその胎児への血液供給によって貧血も併発して、貧血時にみられる症状として寒気や悪寒に悩まされることもあります。鉄分が不足しないように、食事内容に気を付けることが重要です。鉄剤や鉄分のサプリメントを積極的に取り入れることも有効的です。

まとめ

妊娠初期の寒気は、複数の身体的要因によって多くの妊婦さんが経験するものです。よく見られる症状なので心配し過ぎる必要はありません。

まず初めに、基礎体温の高温期から寒気が起こるという仕組みを理解して、服装の調整や食生活の改善などを取り入れて、身体を芯から温めることに気を配りましょう。冬季だけでなく、夏季でもできるだけ身体を冷やしすぎない生活習慣を続けていきたいですね。寒気対策を万全にして、身体も心も楽に過ごしていきましょう。