「妊娠したかも知れない!」程度なのですが、妊娠の可能性を感じさせる兆候の一つに「着床出血」があります。着床出血とは、受精卵が子宮に移動して子宮内膜に根を張る時に、絨毛が子宮内膜を傷つけて起こる出血のことを言います。

出血は毎月の生理の時にも起こりますし、生理と間違えてしまう妊婦さんもいます。逆に、妊娠を望んでいるあまり、普通の生理を着床出血だと信じ込んでしまう方もいます。

もちろん、いずれにしても、結果は生理予定日の1週間後くらいには分かります。でも、妊娠を望んでいるのなら、一刻も早く確実に結果を知りたいですよね。

その方が変な勘違いをする期間も短く済んで、ショックも少ないでしょうし。では、今回は着床出血の時期について見ていきましょう。

・着床出血はどんな症状なの?

「着床出血」と「出血」と言う言葉が含まれていると、何となく生理のような出血を考えてしまいそうですよね。ちなみに、生理の出血は鮮血で、ナプキンが必要になることが多いですよね。

出血の期間も少なくとも3日、長い人だと1週間近く続きますよね。でも、着床出血でこのような酷い出血が起こることは、極めて少ないです。

むしろ「妊娠しているのに大量の出血!」となると、着床ではなく流産の方が心配ですよね。また、着床出血は薄めの出血、あるいは茶色っぽいおりものなどであることが多いです。

おりものっぽい出血であるからには、ナプキンを使ってもそれほど汚れず、おりものシートで大丈夫なことが多いです。もちろん、着床出血も生理と同じように個人差があるので、鮮血があったり、生理と変わらない出血があったりする方もいます。

ただ、このような出血だと生理だと思い込んでしまうでしょうから、早く妊娠に気付くことの方が少ないです。


スポンサードリンク


・着床出血の時期は生理予定日に近い

受精卵が着床するまでには、約1週間ほどかかると言われています。排卵日くらいの仲良しが妊娠に繋がりやすいので、排卵日に仲良くした場合は排卵日の1週間後以降に、着床出血が起こることになります。

ただ、これはあくまでも早い場合であって、遅い場合はもう少し期間がかかって生理予定日くらいに、着床出血が起こることもあります。いや、中には生理予定日を過ぎてから、着床出血が起こったと言う方もいます。

この場合は生理不順で着床出血のタイミングが遅れたり、実際には着床出血ではない出血を着床出血と勘違いしている可能性も考えられます。

いずれにしでも、着床出血の起こる時期は生理予定日に近く、生理の1週間前(排卵日の1週間後)から生理予定日くらいにかけての期間だと考えて良いでしょう。

出血の期間は生理とは違って短期間で、2~3日で終わることが多いです。あるいは、1日だけと言う方もいますし、1週間くらい続いたと言う方もいます。

1週間くらい出血が続く場合でも、ごく少量の出血でおりものシートで間に合ってしまうくらいなら大丈夫でしょう。逆に、おりものシートでは間に合わないほど、大量の出血が起こるなら注意が必要です。

・着床出血を経験する人の方が少ない

「着床出血は絶対にあるもの!」と思っている人もいるのですが、実は着床出血は誰にでも必ずあるものではないのです。むしろ、着床出血のない方の方が多いくらいです。

「3回以上妊娠しても、一度も着床出血を経験したことがない。」と言う方もいますし、「1回しか妊娠したことがないけど、着床出血があった。」と言う方もいます。

ちなみに、着床出血が起こる確率は、50人に1人、100人集まっても2人くらいと言われています。いや、「着床出血に気付いていないだけで、本当はもう少し多いのでは?」と言う説もあります。

着床出血の量には個人差があり、あってもほんの僅かおりものに血液が混ざっている程度で、見逃してしまう方も多いです。なので、着床出血に気付く確率は2%で、気付かない出血もカウントすると15%前後になりそうです。

とは言っても、着床出血だけが妊娠の兆候ではないので、わざわざ「おりものに僅かにでも血液が混ざっているか?」なんて気にすることはありません。「着床出血で妊娠に気付くことができればラッキー!」くらいに、軽く考える方が気楽かも知れませんね。

・妊娠を知りたいなら基礎体温の測定

妊娠しているかどうかを確実に知りたいなら、着床出血かどうかを見分けるよりも基礎体温の測定の方が確実です。女性の基礎体温も、生理周期に合わせて変化しています。

具体的には、生理が始まると基礎体温が低下して排卵日に最低体温になり、その後は生理が始まるまで体温が上昇します。ちなみに、体温を上昇させるのは、妊娠を継続させる「プロゲステロン」と言う女性ホルモンです。

もし妊娠していれば、生理予定日を過ぎてもこのホルモンが分泌されたままになります。つまり、基礎体温は上昇したままで、下がることはありません。

一般的な目安として、基礎体温が高い状態が排卵日から2週間以上続いた場合、生理予定日を過ぎても続いた場合は、妊娠している可能性が考えられます。

とは言っても、普段から基礎体温を測定していなければ、平熱が分からないですし、どのくらいの体温だと上昇していると考えて良いのか分からないですよね。妊娠を望んでいるのなら、明日の朝からでも毎日体温を測る習慣にした方が良いかも知れませんね。


スポンサードリンク


・基礎体温が分からなければ妊娠検査薬

妊娠を望んでいるのなら、毎朝基礎体温を測定した方が良いのですが、「朝は忙しくて無理!」なんて言う方も多いでしょう。こんな方はせめて毎回の生理の日だけでも、スケジュール帳などにメモしておいた方が良いです。

そうすれば、数回の生理から生理周期の平均を求めて、次の生理予定日の把握が可能です。生理予定日が分かれば、生理予定日を何日か過ぎてからの体調の変化で、妊娠に気付けることもあるでしょう。

そこで、もし「妊娠しているかも!」と思ったら、妊娠検査薬を使用すれば良いのです。妊娠検査薬には生理予定日当日から使えるもの、妊娠予定日を1週間ほど過ぎてから使えるものなどがあります。

使い方はとても簡単で、スティック状になった妊娠検査薬の先に尿をかけるだけ。ただ、2本の線がくっきり出るかどうかで結果を判断するので、時には陽性か陰性かの判断が難しいこともあります。

陽性を期待するあまり、薄めの線が陽性に感じられることもよくあるものです。自分だけの目だと偽陽性もありうるので、旦那さんとか他の人の目も頼りにしてみるのがお勧めです。

・まとめ

着床出血は生理とは違って、薄めの出血・茶色っぽいおりものなど、ごく少量の出血が数日で終わることが多いです。そして、着床出血の時期は生理予定日に近く、生理の1週間前から生理予定日くらいにかけての期間に起こることが多いです。

このように考えると、「生理予定日くらいに着床出血が来ないか。」と待ってしまう方もいるかも知れません。でも、残念ながら着床出血は50人に1人くらいの確率で、着床出血を経験する人の方がむしろ少ないです。

どうしても妊娠の有無が気になるなら、基礎体温・妊娠検査薬の方が確実性が高いです。基礎体温は毎朝きちんと測っていることが前提ですが、もし妊娠していれば生理予定日を過ぎても体温は下がることがありません。

一方、妊娠検査薬は尿をかけると、2本の線が表れるようになっているものが多いです。それで、2本の線がはっきりと見えれば妊娠していることになりますが、妊娠を期待するあまり陰性まで陽性に見えてしまうことはよくあるもの。

線が曖昧な場合は旦那さんや他の人の目を頼りにしてみるのも良いですし、翌日や翌々日にもう一度妊娠検査薬を使ってみるのも良いでしょう。生理予定日を何日か過ぎているなら、基礎体温もチェックしてみるのも良いでしょう。