女性の体は何かあるごとに変化するのですが、妊娠の過程である着床時期ももちろんちゃんと変化します。体の変化は出血・おりもの・体調・体温などで感じられることが多く、中でもおりものは多くの方が気にしますよね。

あまりにたくさん出るとおりものシートが必要ですし、おりものシートをせずにいて、不快な経験をしたことのある方も多いでしょう。

また、おりものは少ないか多いかだけではなく、どういうおりものが出ているのかでも、体の変化が分かりますよね。

例えば、おりものがサラッとしているのか、粘り気があるのか。透明なおりものが出るのか、白っぽいおりものが出るのか、黄色っぽいおりものが出るのか。

この他、おりものの臭いが無臭なのか、酸っぱい臭いがするのかなどでも、体の変化が分かります。では、今回は着床時期のおりものの臭いについて見ていきましょう。

・おりものはどういうもの?

おりものは女性なら誰もが経験するものなのですが、多くの方は不快に思いますよね。おりものシートをしないとショーツが濡れるし、おりものシートをするとショーツが蒸れるし。臭いがして気持ちが悪いこともありますよね。

でも、おりものが出るのには、ちゃんとした意味があるのです。それは、膣内に潤いを与えて保護することです。もしおりものがなければ、膣内が乾燥して細菌感染が起こりやすくなります。

また、おりものは通常は弱酸性でも排卵期にはアルカリ性に変化して、酸の苦手な精子を卵管まで届けて受精するようサポートしてくれます。このようにおりものは膣内の健康のためにも、妊娠するためにもなければならないものです。

「おりものが出る=健康で妊娠しやすい体である」として、前向きに考えましょう。逆に、おりものが全くないなんて言う方は、婦人科系の病気の可能性も考えられるので、気になる場合は医者で診てもらった方が良いかも知れません。


スポンサードリンク


・おりものは酸っぱい臭いがするもの

おりものの臭いは、通常「無臭」「酸っぱい臭い」「生臭い」など、時期によって色々な表現をされるものです。女性の体調が生理周期で変化するように、おりものの臭いも生理周期によって変化するのです。

生理の間は血液が混ざっていて「生臭い」こともありますが、生理が終わって排卵が近づくまでの間は無臭であることが多いです。

この期間は女性ホルモンの中でもエストロゲンの量が増えて、おりものの中に頸管粘液が増えます。ちなみに、頸管粘液は弱アルカリ性の性質を持っていて、おりものの伸びを良くする液体で、もっと言うと精子を子宮に入りやすくして受精を助けてくれる液体です。

それから、排卵日を迎えて生理が近づくまでの間は、女性ホルモンの中でもプロゲステロンの量が増えます。なので、おりものから頸管粘液が減少して、弱アルカリ性から酸性へと変化します。おりものが酸性になる時期は、おりものが酸っぱい臭いを発していることが多いです。

・着床時期のおりものは無臭

着床時期は一般的には、排卵日の1週間後から生理予定日くらいにかけての時期と言われています。生理周期によるおりものの変化で考えると、おりものは頸管粘液が減少して酸性に変化するだろうから、「酸っぱい臭いがするだろう。」と考えるかも知れません。

もちろん、おりものには個人差があるので、酸っぱい臭いを感じる方もいるかも知れません。でも、着床時期は妊娠を表す時期でもあり、生理が来ていた頃とは変わります。

妊娠するとホルモンバランスが変化するので、おりものの状態が変化するのも当然ですよね。実は、着床時期のおりものの臭いは、「無臭だった。」と言う方が多いです。

さらに、おりものの形状に関しては粘性が低くて透明でさらさらしており、量自体が増えることが多いです。ただ実際のところ、おりものの変化では妊娠は分かりにくく、妊娠に気付いてから「そういえば。」と感じることの方が多いです。

妊娠していると確信できるのは、もう数日して生理予定日を迎えてからなので、過度に妊娠を期待せずに気楽に過ごしている方が良いかも知れませんね。


スポンサードリンク


・魚の腐ったような臭いは注意が必要

おりものの臭いが、「魚の腐った臭い」とか「ツンとくる生臭さ」「腐敗臭」とまで行くと大変です。そもそも、「腐った」と表現できるところが、要注意な感じがしますよね。

もちろん、たまにちょっとした腐敗臭がすることもあるかも知れませんが、ツンときて顔を背けたくなるような臭いが頻繁にする場合は、何らかの病気も疑った方が良いでしょう。

具体的な病気の種類としては、細菌性腟症・トリコモナス腟炎・淋病感染症などの感染症があるのですが、感染症にかかっているとおりものから悪臭がすることが多いです。

悪臭だけではなく、おりものの色が灰色・黄色・黄緑色になることもあります。膿のようなおりもの・泡立ったおりものが出ることもあります。おりものの臭い・色・形状が明らかにおかしいと感じた時は、すぐにでも医者にかかりましょう。

着床・妊娠の可能性がある場合も、感染症はお腹の中の赤ちゃんに悪影響を及ぼす危険性があるので、気になる症状は早めに医師に相談しておくのがベストです。

・ショーツの通気性を良くする

着床時期のおりものの臭いは無臭であることが多いのですが、臭いがあるとしたら雑菌による臭いも考えられます。おりものそのものに臭いはなくても、高温多湿の環境を好む雑菌が繁殖して、おりものの成分を分解して臭いを発生させるのです。

この臭いを予防するためには、ショーツを雑菌の好む通気性の良い環境にするしかありません。そこで、ショーツをシルク・コットンなど、通気性の良い素材にしてみるのです。これなら多少おりものが多く出ても、すぐに乾いてしまいます。

ただ、ショーツだけ通気性にこだわっても駄目で、きつめのストッキングやタイツ、ズボンを履いていても、蒸れて臭いが気になることも。ショーツの外側に着用する衣類も、できるだけゆったりめで通気性の良い素材にしましょう。

・陰部を常に清潔な状態にする

危険な臭いを起こさないためには、衣類だけではなく衛生用品や体そのものの対策も必須です。臭いは不衛生にしていると起こりやすいので、陰部を常に清潔な状態にしておくことです。

まず、おりものが気になる時に、おりものシート・ナプキンなどを使用する方もいるでしょう。これらの衛生用品があるとショーツを変えずに済みますし、使い捨てで荷物にならない点でも便利ですよね。

でも、おりものシート・ナプキンはこまめに交換しないと、臭いを悪化させてしまう危険性が。それほど汚れていなくても、せめて3時間以内には新しいものに交換しましょう。

それから、陰部を清潔にするためには、1日1回の入浴で陰部を洗って汚れを落とすことです。とは言っても、デリケートな部分をゴシゴシ洗ったり、刺激の強い石鹸を使ったりすると、免疫力を低下させる原因になります。お湯で軽くゆすぐくらいでOKです。

・まとめ

おりものは膣内を細菌から守ったり、受精をサポートしたりなどの役割を果たす大切なものです。生理周期によっておりものの臭いが変化することがあるとは言え、着床時期のおりものの臭いは基本的には無臭です。

多少酸っぱい臭いがする分には良いとして、魚の腐った臭い・ツンとくる生臭さ・腐敗臭などのきつい臭いには注意が必要です。顔を背けたくなるような酷い臭いほど、婦人科系の病気にかかっている可能性も考えられます。

できるだけおりものの不快な臭いを予防するためには、陰部を雑菌の繁殖する環境にしないこと、常に清潔にしておくことなどが大切です。ショーツをシルク・コットンなどの素材にして、ショーツの外側に着用する衣類も通気性の良いものにしましょう。

おりものシート・ナプキンなどの衛生用品を使う場合には、3時間以内に交換することも大切です。この他、1日1回の入浴で陰部をお湯で軽くゆすいで、綺麗にすることも心掛けましょう。