出生前診断で出産を迎える前に、染色体異常の可能性を判断する方法は色々あります。ただ、「できることなら、妊娠する前に染色体異常の可能性を知りたい!」なんて言う方も多いでしょう。

着床前に染色体異常の可能性が分かれば、流産の可能性を減らすことができます。さらに、早めに遺伝子系の障害・疾患の可能性を知って、妊娠するかどうかを考えることもできます。

また、着床前に診断できれば、出生前診断のようなリスクも減らすことができますよね。このように考えると着床前診断は、遺伝子系の障害・疾患を心配して妊娠を悩んでいる方にとって心強い診断です。

「染色体異常の可能性があるかも。」と言う段階で妊娠を諦めては、染色体異常のない可能性まで捨ててしまうことになります。

きちんとした検査で染色体異常の可能性を判断して、しっかり親になるための心の準備ができた上で妊娠に踏み切れると良いですよね。では、着床前診断の産み分けについて見ていきましょう。

・そもそも、着床前診断とは?

受精卵が着床すると妊娠する訳なのですが、着床前診断では「着床=妊娠」が起こる前に染色体・遺伝子の異常を検査することができます。

具体的には、男性の場合は高濃度の精子を抽出して、女性の場合は排卵誘発剤で排卵を引き起こして卵子を抽出します。そして、体外で精子と卵子を受精させて、できた受精卵の染色体を細胞分裂させます。

検査が可能なくらいに染色体が成長したら、細胞を1つだけ取りだして顕微鏡で検査します。ここで、染色体・遺伝子に特に異常がなければ、受精卵を子宮に戻して着床させます。

着床前に染色体・遺伝子の検査ができれば、遺伝子系の障害・疾患のない受精卵だと分かれば、安心して妊娠することができますよね。

さらに、流産の可能性を早くに知って、回避することもできます。染色体・遺伝子の異常と言うと、障害・疾患ばかりが思い浮かぶかも知れませんが、実は流産の原因としてもとても多いのです。

この他、染色体には性別に関する情報も含まれており、着床前診断で男性か女性かも判断できます。


スポンサードリンク


・着床前診断の産み分けは失敗することも

着床前診断では染色体の情報から、正確に性別を判断することができます。なので、「きっと産み分けも100%だろう。」と思うかも知れません。

確かに、染色体・遺伝子に異常がない受精卵を子宮に戻す訳なので、何となく確実な産み分けができそうな感じがしますよね。

でも、残念ながら性別の判断と産み分けは、全く別問題です。染色体・遺伝子に異常が見つからず子宮に戻した卵子が、絶対に着床するとは限りませんよね。

着床前診断はあくまでも染色体・遺伝子の検査で、受精卵が着床するかどうかの検査でも、100%着床させるための検査でもないからです。

希望通りの性別の受精卵でも、染色体・遺伝子に異常が見られなくても、受精卵そのものの質が悪くて妊娠できない場合もあるのです。

米国のReprogenetics研究所の報告では、「最新技術の着床前診断⇒体外受精で胚盤胞移植」を行ったところ、受精卵の着床率が倍以上に増えたとあります。

それでも70%以上で、残りの30%以下で着床に失敗するケースも存在するのです。もちろん、70%以上の確率は医療機関の技術力による部分も大きいので、選ぶ医療機関によっては着床に失敗する確率がもっと高いことも十分に考えられます。

・日本では産み分けのための着床前診断は不可!

着床前診断が良いものか悪いものかは、「人それぞれ」と言うだけでなく、国によっても考え方が大きく異なります。着床前と言っても「受精卵そのものに、既に生命が存在する。」と言う意見も多いものです。

このような意見を持っている人からすると、「染色体・遺伝子の異常があるから、このまま妊娠を継続できない。」「自分の望んでいる性別でないから、このまま妊娠を継続できない。」などとはとても考えられないですよね。

と言う訳で、日本では産み分けのための着床前診断は、基本的には不可能です。実は、着床前診断を行うには、日本産科婦人科学会で決められた条件があるのです。

「染色体・遺伝子の異常で、重篤な遺伝子系の障害・疾患の子を出産する可能性がある。」「重篤な遺伝子系の障害・疾患の子を出産する可能性だけでなく、均衡型染色体構造異常で習慣流産になっている。」ちなみに、均衡型染色体構造異常は染色体に増減がなく、正常と変わらない量のものです。

着床前診断を受けるための条件は、ほとんどが「重篤な遺伝子系の障害・疾患の子を出産するリスクが考えられる場合」です。


スポンサードリンク


・着床前診断は海外で受けることも可能

産み分けのための着床前診断は基本的には日本では受けられないのですが、どうしてもと言う場合には海外で受ける方法もあります。

まず多くの方が思いつくのが、着床前診断の認められている国に行って検査を受けてくる方法でしょう。実は、他にも受精卵を海外に輸送して、検査そのものは海外で受けてくるという方法もあります。

とは言っても、着床前診断には高額な費用がかかることも、覚悟しなければなりません。着床前診断だけなら10万円くらいの費用で済んでも、体外受精の費用も必要になります。

体外受精の費用は30万円以上かかりますし、万一1回で着床しなかった場合には倍の費用がかかりますよね。また、産み分けのために海外で着床前診断を受けるとすると、お手頃な国でも200万円くらい、もっと高額な国だと500万円くらいかかることも。

それに加えて、海外に行く費用、滞在費なども必要になります。ここは「少しでも費用を抑えたい!」と思うかも知れませんが、妊娠に関わる重要な検査ですし、リスクも考慮して技術力の高い医療機関で検査を受けることをお勧めします。

・仲良しのタイミングで産み分けができる?

わざわざ着床前診断をしなくても、タイミングを狙って仲良くすることで、希望の性別の子供を妊娠できることがあります。

これには男性の精子のX染色体・Y染色体の特徴が大きく関係しています。まず、X染色体には「酸性に強い」「動きは遅いが寿命が数日間」「Y染色体よりも少ない」などの特徴があります。

一方、Y染色体には「アルカリ性に強い」「動きは早くても寿命が1日だけ」「X染色体よりも多い」などの特徴があります。X染色体は女の子になる染色体で、Y染色体は男の子になる染色体です。基本的に女性の膣内は酸性に保たれているのですが、排卵日は酸性が弱まるので、Y染色体の活動しやすいタイミングです。

と言う訳で、排卵日当日に仲良しの機会を作ると、男の子を授かりやすいと言われています。逆に、女の子を授かりたい場合には、膣内の酸性が強い排卵日の2日くらい前が良いと言われています。

ただ、仲良しのタイミングを利用した産み分けも、決して確実なものではありません。当然ながら生理周期にズレがあったり、排卵日を正確に把握できていなかったりすると、産み分けに失敗することもあります。

・まとめ

着床前診断は受精卵から染色体・遺伝子の異常を判断する検査で、日本では基本的には産み分けのための着床前診断は認めれられていません。

純粋に遺伝子系の障害・疾患の可能性を知りたい場合でも、日本産科婦人科学会で決められた条件をクリアしなければ受けることができません。

ただ、どうしても着床前診断を受けたい場合には、決して選択肢がない訳ではありません。着床前診断が認められている国に行って、検査を受けることも可能です。

着床前診断の費用は日本でも30万円はかかりますし、海外に行くと何百万円と言う費用が必要です。海外に行く費用、滞在費なども必要になります。

もちろん、海外で着床前診断を受けたからと言って、必ずしも望んだ通りの妊娠ができると言う訳ではありません。費用・可能性の問題を照らし合わせて、自分にとってベストな選択ができると良いですよね。

ちなみに、産み分けは仲良しのタイミングで上手くいくこともあるので、着床前診断を考える前に一度は試してみるのも良いかも知れません。