妊娠中は腰痛になりやすいという話を聞くと、お腹が膨らんでくる妊娠中期以降を想定しますが、妊娠超初期の段階である着床時期から腰痛が起こることがあるのです。

それまで腰痛とは縁が無かった人も、着床直後に急な腰痛の症状に悩まされることが多いようです。ぎっくり腰になったかの様な激しい痛みに襲われる人もいます。私も軽度ですが腰痛を感じた時期があり、やはり日常生活に不便を感じました。

なぜ、急に腰痛が起こってしまうのでしょうか?

今回は、着床と腰痛の関係と原因、痛みの対処法についてご紹介します。

着床時期のホルモンバランスと腰痛との関係は?

リラキシンの分泌が身体にもたらす変化って?

受精卵の着床が成功したことによって、妊娠を継続させるための女性ホルモンが大量に分泌されます。これによって体内のホルモンバランスが大きく変化してしまうので、急な身体の不調を引き起こします。

女性ホルモンは、どの様な役割を果たしているのでしょうか?

ホルモンの働きは、母体は妊娠の継続や出産に向けての身体作りをしていくために必要不可欠なものです。胎児の成長に従って、子宮もだんだんと大きくなっていきます。

さらに子宮の増大にあわせて、子宮を支える骨盤腔も必然的に大きくなります。出産時に胎児が産道を通れるように、骨盤の関節を作る靭帯を緩めていく準備も始まります。その靭帯を緩める作用のあるホルモンが、黄体や胎盤から分泌される「リラキシン」です。

リラキシンの作用によって骨盤や靭帯が緩み始めるので、周囲の筋肉が骨盤を支えようとして緊張が起こり、それらが身体への負担となって腰痛が引き起こされます。腰以外にも、脚の付け根や恥骨付近に痛みを感じる場合もあります。


スポンサードリンク


ぎっくり腰にご注意を!

妊娠超初期、すなわち着床時期から腰痛が起こりやすくなり、特に筋力の弱い女性はぎっくり腰になりやすくなるので注意が必要です。

リラキシンの作用による靭帯の緩みと筋肉の緊張の同時進行によって、ぎっくり腰を引き起こすことがあります。

ぎっくり腰とは椎間板や関節、靭帯や筋肉が部分的に損傷した状態で、重い荷物を持ち上げた時などに急に激しい腰の痛みを感じる症状です。

強い痛みによって、動くことや起き上がることに困難が生じて、日常生活に悪い影響が出てしまいます。

くしゃみをした時や、特に冬季に身体が冷えてこり固まっている状態にぎっくり腰を引き起こしやすくなります。このように、妊娠超初期は日常生活の些細な動作に注意が必要なのです。

急な激しい腰痛、それは妊娠超初期のサインかもしれません。腰痛の他に軽い吐き気やめまいなどの症状もみられるようなら、産婦人科で検査を受けて相談しましょう。

自己判断で整体やマッサージを受ける、湿布を使うことは絶対にやめましょう。

生理前と妊娠超初期、それぞれの腰痛の違いは?

生理前の症状で腰痛を感じる場合があります。生理前でもリラキシンが分泌されるので、妊娠超初期と同じような腰痛が起こり、痛みの種類がほぼ同じであることも多いため見分けるのが非常に難しいです。

妊娠超初期の腰痛は、生理予定日頃から痛みを感じ始めます。骨盤付近の強い痛みや、背中から腰にかけての痛みを感じることが多いといわれています。

生理前の腰痛は、排卵後から生理2日前頃に痛みが現れて、主に重みのある鋭い痛み方を感じることがあります。痛みの種類にはいずれも個人差があるので、腰痛だけでは妊娠の有無をはかることはできません。

基礎体温の高温期が2週間以上続く、生理予定日の1週間前から数日前に不正出血があった(着床出血)、倦怠感や吐き気、強い胸の張りなどが腰痛と同時に感じられる場合は妊娠の可能性があります。

私の経験では腰痛自体は軽いものでしたが倦怠感や吐き気の症状が強く現れ、不正出血が続いていたので、これは妊娠したと確信が持てました。

普段から、些細な体調の変化を気にかける習慣が大切ですね。


スポンサードリンク


辛い腰痛を和らげる、対処方法をご紹介!

お風呂で身体を温めよう。

身体が冷えると血流が悪くなり、腰痛を悪化させてしまう原因となります。血流が悪くなると筋肉が凝り固まり、老廃物が溜まることにより筋肉の動きが悪くなってしまいます。

お風呂にゆっくり浸かって腰を温めることで、血流を良くして腰痛を和らげる効果があります。お風呂の時間はストレス解消にもなるので、シャワーだけで済まさずに湯船に浸かる習慣を作ることで体調も整ってきます。

好きな香りの入浴剤や石鹸を取り入れると、さらにリラックス効果が高まります。ただし、長風呂にならないように気を付けてくださいね。

下半身の冷えも腰痛を引き起こす原因となるので、冷えが気になる場合は足湯をすることもおすすめです。

身体を休める時間を作ろう。

同じ姿勢を長時間続けると腰痛は悪化してしまいます。デスクワークに限らず、立ち仕事も腰に大きな負担がかかりがちです。仕事や体調不良によるストレスも腰痛に悪影響を及ぼします。

妊娠超初期は不快な症状と腰痛の併発に悩む時期ですので、無理せずに休むことを心がけましょう。小さな無理の積み重ねが産後の生活や体調に影響してしまうので、とにかく妊娠中は休息を取ることが大切です。

軽い運動も効果的。

妊娠中は常にリラキシンの影響を受け続けているので、腰痛がすぐに治まることはありません。リラキシンの分泌による骨盤の緩みが腰痛を引き起こしているので、軽くストレッチをすることで痛みが軽減できることがあります。

妊娠中は激しい運動を避けなくてはいけませんが、筋肉をほぐす程度の運動なら取り入れても問題はありません。軽い運動で固まった筋肉をほぐすことで血流が良くなる効果が期待できます。

家の近所でのウォーキングや、簡単なヨガやストレッチを無理のない程度に取り入れてみましょう。ただし軽い運動でも妊娠中は身体に負担を与える場合があるので、体調が優れない場合は無理に行わないように気を付けてください。

姿勢に気を付けよう。

妊娠中は特に疲れやすいので、つい背もたれに寄りかかってしまう癖が付いたり猫背になってしまいがちです。知らず知らずのうちに姿勢が悪くなると、そこから骨盤のゆがみや腰痛が生じる原因につながります、なるべく背筋をまっすぐ伸ばして過ごすことを心がけましょう。

また、寝る姿勢が悪くなることも腰痛を悪化させます。身体の左側を下にして横向きになる「シムス体位」は血液の循環を良くする作用があり、腰痛の緩和にもなるといわれています。

この方法は妊娠中期~後期のお腹の大きさが目立つようになる頃にも応用できますので、覚えておくことをおすすめします。

まとめ

妊娠初期から腰痛の症状に悩まされている妊婦さんは数多いです。辛い腰痛、さらにつわりの症状を抱えながら家事や仕事をこなさなければいけないのですから、ひときわ苦労があります。

悪化してぎっくり腰になってしまうことへの不安を抱えてしまうこともありますが、意識して無理のないように身体を動かす、身体が凝り固まらないように気を付けていれば、腰痛の緩和につながっていきますよ。

もちろん、身体を休める時間も大事です。動く、時に休むことのバランスをご自身で考えながら、妊娠生活が心穏やかに過ごせることを願っています。