妊娠中に、頭痛に悩まされる方は少なくありません。妊娠は心身ともに大きな変化をもたらします。元々頭痛持ちの方が、さらに悪化してしまったり、いままで頭痛がなかった方でも発症することがあります。

一度頭痛が起こると、日常生活に支障が出る場合もありますよね。そんな時、今までなら薬を飲んで解決できていたかもしれません。そこで今回は、妊娠中は頭痛薬は飲んでも大丈夫なのか、お腹の赤ちゃんには影響がないのかを説明します。

妊娠中は頭痛が起きやすい?

頭痛には、2種類あります。偏頭痛と緊張型頭痛です。それぞれについてみていきましょう。

偏頭痛

偏頭痛は、脳内の血管が広がって血流量が増えることで起こります。こめかみあたりがズキズキと痛んだり、体を動かしたときに痛んだりするのが特徴です。眩しいところで痛みが強くなります。

吐き気や嘔吐を伴うこともあります。妊娠すると体内のホルモンバランスが変化するために、偏頭痛になりやすくなります。「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と呼ばれる女性ホルモンの分泌量が増えてバランスが乱れることで、脳の血管が広がりやすくなり、偏頭痛が起こります。

そのため、ホルモンバランスが乱れる妊娠初期に起こりやすく、安定してくる妊娠中期以降になると治ってきます。しかし、それ以外の原因として妊娠中にだけ高血圧を起こす妊娠高血圧症候群がありますこの、妊娠高血圧症候群の症状のひとつとして、頭痛が現れることがあります。

血圧の上昇で脳の血管が広がって偏頭痛を引き起こすからです。頭痛以外にめまいや倦怠感なども現れますが、自覚症状ではむくみが出やすいので、頭痛と一緒にむくみがないかを確認してください。

妊娠高血圧症候群による頭痛は、冷やせばある程度痛みはやわらぎますが、根本的には高血圧を改善する必要があります。ただし、妊婦健診では毎回血圧のチェックや尿蛋白の検査があるので、頭痛が起きるまで妊娠高血圧症候群に気づかないケースはほとんどありません。

血圧が高めと医師から注意を受けた場合は、高血圧予防のために食事や生活習慣を見直しましょう。


スポンサードリンク


緊張型頭痛

緊張型頭痛は、脳への血流量が減少して酸素不足になることで起こります。後頭部から首筋にかけて頭全体が締め付けられるように痛むのが特徴です。体を動かしても痛みが強くならないです。

吐き気や嘔吐は起こりませんが、人によってはめまいや体のだるさを感じることがあります。妊娠すると運動不足になり、血行が悪くなります。血行不良で腰や肩、首が凝ってしまい、頭痛を引き起こします。

妊娠中期を過ぎてお腹が大きくなってくると、疲れやすくなったり、寝不足気味になったりして、頭痛が起こることもあります。また、妊娠中は鉄分の不足で鉄欠乏性貧血を起こしやすく、それが原因で頭痛が起こる場合もあります。

このように、妊娠中は特に頭痛が起こりやすくなります。

妊娠中に薬が胎児に与える影響は?

妊娠中の薬の服用は、赤ちゃんの身体の形成に悪影響を及ぼし、奇形などの可能性があります。薬によっては、お腹の赤ちゃんの心臓に悪影響を及ぼしたり、動脈管を収縮させる成分が含まれているものもあります。

しかし、赤ちゃんに先天性異常がみられる原因の約90%は遺伝要因です。遺伝要因とは、染色体の異常や遺伝子の突然変異によるものです。

残りの10%が環境要因です。環境要因とは、たばこやアルコール、大気汚染、母体の病状などがあり、その中の一つに薬の服用があります。薬が原因で赤ちゃんに先天性異常がみられる確率は、1%と言われています。よって赤ちゃんが薬によって先天性異常を持つ確率は、生まれてくる赤ちゃん1万人に2人と言われています。

また、同じ薬でも妊娠週数によって赤ちゃんへの影響は変わります。

もっとも注意が必要なのは妊娠初期(2か月~4か月)です。この時期は、赤ちゃんの脳や心臓をはじめとした主要な器官ができ始める大切な時期です。

この時期での薬の服用は最も影響が出やすいとされており、可能性として低いものの、心臓や手足の先天異常(奇形)が懸念されます。できる限り薬の服用は避けましょう。

妊娠中期以降は、赤ちゃんの形成はほぼ完了しており、発達していく過程のため奇形という点ではあまり心配はいらなくなりますが、成分によっては赤ちゃんの発育に影響がでるため注意が必要です。

薬を服用すると、絶対赤ちゃんに影響があるわけではありません。頭痛薬のように、短期間服用する薬の場合は「催奇形性の可能性がある」と言われていないものに関してはほとんど赤ちゃんに影響はないと考えていいでしょう。

妊娠中に頭痛薬を飲んでも大丈夫?

妊娠中に薬が赤ちゃんに与える影響を理解したうえで、頭痛薬は服用できるのでしょうか。妊娠中に服用したとしても、胎児への影響がほとんどない頭痛薬はあるため、服用できる薬はあります。

妊娠中に飲む頭痛薬として一番に選択されるのは、アセトアミノフェンという成分を含んだ薬です。アセトアミノフェンは、赤ちゃんの奇形を引き起こすリスク(催奇形性)や動脈管への悪影響がほとんどなく、適切な服用量を守れば、妊婦さんが飲んでも問題ないとされています。

また、市販薬として見かける頻度が多い、アスピリンは注意が必要です。アスピリンは先天異常(奇形)を引き起こす可能性があるといわれているので、特に妊娠初期は避けるようにしましょう。

ほかの薬で代用できるのであれば、服用しないようにしたほうがいいでしょう。ロキソプロフェン(ロキソニン)、イブプロフェン(イブ)も痛み止めとして有名ですが、催奇形性の心配は少ないものの妊娠後期に服用すると胎児の心臓や血管へ悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、妊娠後期には、服用しないようにしましょう。

市販薬を購入する際は、薬剤師に相談して用法用量を守ってしようしましょう。また、病院で片頭痛薬をもらっていて、手持ちの薬が残っている方は、必ず医師に相談してから服用しましょう。自己判断で服用することは避けましょう。


スポンサードリンク


薬以外で頭痛を解消する方法は?

妊娠中でも飲める頭痛薬があることがわかりましたが、できることなら、薬に頼らずに頭痛を解消したいですよね。そこで、薬以外で頭痛を解消する方法を頭痛の種類に合わせて紹介します。

偏頭痛

脳の血管の拡張を抑えて、脳を休ませることが大切です。頭や首筋、こめかみなど痛みが強い部分を冷やしたり、おでこに冷却シートなどを貼って冷やすとよいでしょう。

ただし、冷たすぎるものをあてるとそれが原因で頭痛を引き起こしてしまうことがあるので注意が必要です。そのほか、光や音といった脳への刺激を避けるのもおすすめです。

暗く静かな部屋で安静にしたり、アイマスクや耳栓を使用するとよいでしょう。

また、コーヒー等のカフェインを摂取することも効果的であるといわれていますが、妊娠中にカフェインを摂取すると、胎児への血量を減少するため胎児の発育に支障をきたす可能性があります。摂取するとしても、コーヒー1杯程度にしましょう。

緊張型頭痛

偏頭痛とは逆に、痛みがある部分を温めることが大切です。蒸しタオルなどで頭や首筋、こめかみなど痛みを感じる部分を温めましょう。ただし、この場合もカイロなど温度が高すぎるものを直接患部にあてると火傷の原因になるので注意が必要です。

そのほかの対処法としては、軽い運動やマッサージが効果的だといわれています。首や肩を軽く回すだけでも血行が改善し、頭痛が緩和されます。決して無理はしないようにしましょう。

また、好きな音楽を聴いたり、お風呂に使ったりとリラックスすると改善されます。貧血対策としては、鉄分の多いレバーやプルーンなどの摂取を心がけることもおすすめです。

頭痛は、日常生活に支障をきたすこともあるので、できるだけ早く解消したいですよね。赤ちゃんに薬がどのように影響するのか正しい知識をもって、薬を付き合っていきましょう。

また、薬を飲むことが不安だからと言って、我慢して体調が悪化してしまったり、ほかの病気になってしまっては、より一層赤ちゃんへ影響が出てしまう可能性があります。

おなかに赤ちゃんがいる以上、1人だけのからだではないので、我慢せずに医師や薬剤師に相談して、適切な処置をしましょう。