排卵

排卵日の妊娠確率!20代30代40代

妊娠を希望しているので、排卵日にタイミングを取って妊娠成立させたい。排卵日に合わせて、タイミングを取っているけれどなかなか妊娠しないのはどうしてだろう?

加齢とともに妊娠しにくくなると聞いたけれど、本当なんだろうか?排卵日の妊娠確率は、年齢によって変わってくるのだろうか?

妊娠しやすい時期をよく知りたいと願っている、妊活中の方は多いのではないでしょうか?年齢による妊娠確率の変化を知っておくことは、とても重要です。

今から始めても遅くありません。妊娠の確立を上げるために生活習慣を変えていけば、良い結果を導くこともあります。今回は、年齢別の妊娠確率や、妊娠確率を少しでも上げるためにできることについてご紹介します。

自然妊娠の確率は、年齢が上がるにつれて低くなります。

排卵日に、避妊をせずに性行為をすれば100%確実に妊娠すると勘違いしている方が多く見受けられます。実際のところ、20代~30代前半の健康な女性の妊娠確率は約20~25%だといわれています。

生理周期が安定した妊娠しやすい体質の女性と、健康な若い男性のカップルでの確率が上記の数字ですので、想像しているよりも低いことに驚きますね。

妊娠の成立、不成立は体調やストレス、年齢、生理周期の乱れなどに大きく影響されます。

他にも、生活習慣や食事などの影響、精子・卵子の質の低下、子宮系のトラブルなど、様々な問題を抱えているケースも含まれています。

それらの問題も含めて、実際の妊娠確率は20~25%よりももっと低い確率となります。

20代後半位から子宮筋腫、子宮内膜症など婦人科系の疾患に悩むケースが増えていくため、妊娠するのに最も適しているのは20代だともいわれています。

女性の社会進出とともに、晩婚化、高齢出産化が進む現代社会では、20代での妊娠、出産が難しいものとなってきています。30代以降に妊娠を考えるのであれば、健康状態をよく見極めて、妊娠しやすい身体づくりについて考える必要があります。


スポンサードリンク


20代の妊娠確率

20代の自然妊娠確率は、前半の年齢層が高い確率を示しています。女性の年齢が19~26歳の場合は、排卵日にタイミングを取ることで約50%の確率で妊娠が成立するといわれています。

25歳を超えると確率は下がり、25~30%との数値が公表されています。歳を重ねるごとに、染色体異常の発生率や流産の発生率が高くなることが妊娠確率の低下の原因です。

健康状態が良いと思っていても、卵子の状態は加齢とともに減少傾向にあります。ただし、女性が持っている卵子の数には個人差があるので年齢だけでは推測できない点もあります。年齢が若くても、卵子の数が平均値より低い場合は妊娠が厳しい場合もあります。

まだ20代だから、妊娠を先延ばしにしても大丈夫かな、と思ってしまいがちですが、妊娠を望む場合は、なるべく早い妊娠時期の計画を立てることが望ましいといえます。

30代の妊娠確率

30代前半の卵子や子宮の状態は、20代の頃とあまり変化がない状態です。30代の妊娠確率は、前半までは20代の数値と大差はありませんが、30代半ばに差しかかる時期に急下降を始めます。

35歳以降は約18%と妊娠確率は大幅に低下してしまうので、油断はできません。

33歳位から卵子の質が低下し始めるといわれています。排卵が行われていても、卵子の質の低下によって妊娠の成立が難しくなるのです。

卵子の数が減少しだすのは37~38歳で、この頃から妊娠率の低下に拍車がかかるようになります。35歳以降からは高齢出産となり、体力の低下によって妊娠中の体調の悪化や出産時のトラブルの心配があります。

ただし、急にこの年齢から老化が始まるわけではありません。

30代に差しかかったら自分の身体が少しずつ変化している認識を持つように心がけましょう。自覚はなくとも、婦人科系の疾患が増えていく時期でもあり、体力の低下や仕事との両立についても悩みが多くなりますが、早めに家族計画を立てておくに越したことはありません。

40代の妊娠確率

40代は自然妊娠しにくいのが現状です。40代に突入すると、自然妊娠が成立する割合と、不妊で悩む女性の割合が逆転しているといわれています。

健康な男女が避妊をせずに性行為をした場合の自然妊娠の確率は、35歳で半数まで減りますが、40代になるとさらに30%台まで減少します。

40代で妊娠しにくくなるといわれている理由は、年齢が進むとともに卵子の数が減少することにあります。

出生時は約200万個の卵胞を持って生まれてきますが、年齢とともに減少していきます。思春期のころには30万個まで減少し、30代からは減少の幅が大きくなってしまいます。

40代になる頃には残りの卵胞は数千まで減少しているといわれており、このころから人によっては月経不順を感じ始めます。卵子の減少に加えて老化も進むので、年齢を重ねるごとに遺伝子に問題が起こりやすく、受精も困難になります。

40代の妊娠希望の方は、不妊治療をする必要性があるということも考えてください。年齢を重ねるごとに不妊症のリスクも上昇するので、早めに不妊治療を検討することをおすすめします。


スポンサードリンク


タイミングをとれば必ず妊娠するとは限らない?

排卵日の当日を狙ってタイミングを取れたからといって、必ず妊娠が成立するとは限りません。もっとも妊娠しやすい日は、排卵日当日ではなく排卵日の2日前であるといわれています。

排卵日は、月経周期が安定している方の場合、次の月経開始日からさかのぼって14日目にあたります。そのうち、妊娠しやすい日は排卵日の2日前から前日です。実は、排卵日当日はすでに妊娠の可能性が下がってしまっているのです。

精子の寿命は約3日、卵子の寿命は12~24時間と言われているため、この間であれば受精できる可能性があります。しかし、排卵日当日に性行為をしても、すでに排卵から12時間以上経過している可能性もあります。

基礎体温の計測や排卵検査薬などで排卵日を把握することはできますが、正確とは限りません。排卵日は、体調の変化やストレスなどが原因でずれることがあります。

排卵日に合わせて性行為をするよりも、性行為の回数を増やすことが妊娠に近づきます。

排卵日にタイミングを合わせなくてはいけない。と思うことは大きなストレスとなり、夫婦関係が拗れてしまうことにもなりますので、夫婦仲良く過ごしながら、楽しく妊活に取り組める環境づくりを始めていきましょう。

妊娠しやすい身体作りを始めよう。

女性は産まれた段階で卵子の数が決まっている上に、加齢とともに卵子は老化、減少してしまいます。そのため女性が妊娠、出産できる時期は限られており、最も妊娠しやすい時期は20代ですが、年齢が上昇するにつれて妊娠確率は下がり続けます。

残念ながら年齢は自分でコントロールできませんが、妊娠しやすい身体作りを始めていけば、妊娠の可能性に近づけることができるでしょう。

体重管理に気を付けて、太りすぎ、痩せすぎを防ぎましょう。体重の過度な増減はホルモンバランスに異常をきたしますので特に気を付けてください。

タバコを吸っている方は、禁煙することをおすすめします。喫煙者は、非喫煙者に比べて流産や早産の確立が20~30%高いとの研究結果があります。

受動喫煙でも身体に影響が出る場合もありますので、身近な人に禁煙に協力してもらいましょう。婦人科系の疾患を抱えていると、妊娠の確率は下がります。

卵巣や子宮、またはホルモン分泌機能の疾患を早期発見することで、不妊症を防げることもあります。症状によっては無自覚のものもあるので、心配な方は婦人科で検査を受けてみてはいかがでしょうか。

生活習慣の見直しを行っても妊娠できない場合は、早めに婦人科に相談に行きましょう。特に35歳以上の方は、なるべく早い段階で対策を打つことをおすすめします。


スポンサードリンク