「病気は年齢とともに、リスクが高まっていくもの!」とか「若いうちは大丈夫!」などと思っていませんか。もちろん、年齢とともに病気のリスクが高まっていくことは確かですが、子宮の病気は若い方でも油断は禁物です。

中でも「子宮内膜症」は20代~30代の若い方に多い病気で、もっと若く10代で発症する方も増えているのです。ホルモンバランスが安定しているかどうかは、20代前半くらいの方でも怪しいもの。

でも、10代で思春期を迎えたばかりで、ホルモンバランスが安定していない時期でも、子宮内膜症になることがあり得る訳です。さすがに10代ともなると、もし子宮内膜症になっていても、「ホルモンバランスが安定していないのかな。」と見過ごしてしまいそうですよね。

子宮内膜症も早期発見・早期治療が望ましい病気なので、この機会に子宮内膜症の症状に関する知識を習得できると良いですよね。では、子宮内膜症の症状(不正出血・腰痛・腹痛)などについて、チェックしてみましょう。

・子宮内膜症とは?

子宮内膜症と言う病名を聞いたことのある方は多いでしょう。でも、具体的にはどういう病気なのか、説明できない方も多いでしょうね。

まず、子宮内膜は本当は子宮の内側にしかないはずの組織で、子宮以外の場所にできることはありません。子宮内膜症になると子宮内膜が、腹膜・卵巣・ダグラス窩(直腸と子宮の間)などの子宮以外の部分にできて増殖することがあります。

もちろん、通常の月経では子宮内膜が剥がれ落ちて、血液として体外に排出されるはずです。ところが、子宮内膜症になって子宮以外の場所で子宮内膜が増殖すると、剥がれ落ちずに残ってしまいます。

卵巣内で子宮内膜が増殖して、卵巣がんになってしまうこともあります。ちなみに、卵巣に子宮内膜ができることを、「卵巣チョコレート嚢胞」と言います。子宮内膜症そのものは良性の病気とは言え、結果的に悪性の病気に発展してしまうこともあるので注意が必要です。


スポンサードリンク


・子宮内膜症の原因は?

病気の原因さえ分かれば何らかの対策がしやすいのですが、残念ながら子宮内膜症の原因ははっきりしていません。ただ、次のような説があります。

「生理中の出血が卵管を逆流して、剥がれ落ちた子宮内膜が臓器周辺にとどまる。」「腹膜が子宮内膜に変化する。」この中でも特に有力なのが前者です。実は、子宮内膜症には、初潮から今までの月経回数が大きく関係しています。

現代の女性が経験する生理の回数は、戦前の女性のなんと10倍と言われています。昔の女性は初潮を迎えて早いうちに結婚・出産を経験し、出産回数も多くて産後は母乳育児がメインだったでしょう。

一方、現代の女性は進学・就職などで晩婚化傾向にあり、30代で結婚・出産を迎える方も多いでしょう。結婚年齢が遅くなれば、当然出産回数も減ってしまいますよね。

また、最近ではミルクで赤ちゃんを育てているママさんも多いですよね。このような時代的な変化も生理の回数を増やし、現代の女性に子宮内膜症が増えている原因と考えられています。

・子宮内膜症になると不正出血が起こる?

不正出血が起こると、「子宮内膜症や他の婦人科系の病気なのでは?」と不安を感じて、婦人科にかかる方は多いでしょう。子宮内膜症の症状の中でもよく知られている症状に、まずは不正出血が挙げられます。

そもそも、生理のメカニズムは、不要な子宮内膜が女性ホルモンの関係で剥がれ落ちることで起こるものです。もちろん、気になっている出血が生理によるもので、いつも通りの出血であれば気にすることはありません。

ただ、完全に生理周期から外れていたり、いつもの生理とは違うように感じたら注意が必要です。子宮内膜の中には子宮内膜が子宮筋層内に入り込んで増殖し、「子宮腺筋症」と言う病気を合併することもあります。

この場合は子宮内膜の面積が広がる分、剥がれ落ちる子宮内膜も多く出血量が増えやすくなります。出血量には個人差があるのであくまでも参考程度ですが、次のような出血がないかチェックしてみましょう。

「1時間も経たないうちに、ナプキンを交換しなければならない。」「レバー状の塊が出る。」このような出血が見られる場合は、生理中であっても子宮内膜症・子宮腺筋症の可能性を疑って婦人科にかかりましょう。

・子宮内膜症になると腰痛が起こる?

「子宮内膜症になると、お腹の痛みは関係あっても腰痛は関係ないだろう。」などと思いがち。でも、腰はお腹の後ろ側で、比較的お腹に近い場所にありますよね。

もしかしたら最近気になっている腰痛は、子宮内膜症の症状の1つなのかも知れません。通常の腰痛とは違うと感じた時は、次のような症状かどうかをチェックしてみましょう。

「安静にしていても、腰周りで痛みを感じる。」「我慢できないほどの激しい腰痛を感じる。」「骨盤周辺・下腹部の痛みも感じる。」ちなみに、通常の疲れによる腰痛だと、日常的な姿勢に注意したり、ストレッチ・体操を習慣にすることで緩和することが多いです。

ただ、子宮内膜症による腰痛の場合には、このようなことをしても緩和せず、むしろ時間とともに酷くなっていくことの方が多いです。不正出血の症状と照らし合わせながら、少しでも子宮内膜症の可能性を感じた場合には、早めに婦人科にかかることをお勧めします。

やはり子宮内膜症のような子宮の病気は、自覚症状や外見から判断が難しく、医者で専門的な検査を受けないことには特定できませんから。


スポンサードリンク


・子宮内膜症になると腹痛が起こる?

子宮内膜症になると腹痛が起こることも、不正出血と同じくらいに知られていますよね。ここで、「腹痛なら生理の時の起こるのは、至って普通のことなのでは?」と思う方も多いでしょう。

確かに、生理の時に腹痛を起こす方は多いのですが、腹痛にも安心な腹痛と心配な腹痛とがあります。次のような腹痛の場合には、注意が必要です。

「激しい腹痛で何をしていても辛い。じっとしていてもきつい。」「生理でもないのに下腹部痛を感じる。」「性行為の時に下腹部痛を感じる。」このような腹痛を感じた時には、早めに婦人科にかかった方が良いです。

子宮内膜症で腹痛が起こるのには、通常は剥がれ落ちるはずの子宮内膜が体内に残ってしまうことが関係しています。残った子宮内膜はどんどん増えてしまいますし、増えれば増えるほど他の組織が圧迫されやすくなります。

先に「子宮内膜症になると腰痛が起こる。」と述べましたが、子宮内膜症による腰痛も圧迫痛が広がって腰に達したものと考えられます。

・子宮内膜症で不妊症のリスクも!

将来的に妊娠を望んでいる方が注意しなければいけないのが、やはり不妊症のリスクです。婦人科系の病気にかかると、どうしても不妊症のリスクが高まるのですが、子宮内膜症も例外ではありません。

子宮内膜症になると、卵巣・卵管・腸管・子宮などで癒着が起こることがあります。それで、性行為を行っても、精子がスムーズに移動しにくくなってしまうことがあるのです。

そこで、不妊症で検査を受ける場合には、卵巣・卵管・腸管・子宮などで癒着がないかを検査することがあります。とは言っても、内診では重度の癒着でない限りは、発見することが難しいです。なので、より的確な検査として、腹腔鏡検査を行うことも多いです。

・まとめ

子宮内膜症は、子宮内膜が腹膜・卵巣・ダグラス窩(直腸と子宮の間)などの子宮以外の場所にできる病気です。子宮内膜症の原因としては、「生理中の出血が卵管を逆流すること。」「腹膜が子宮内膜に変化すること。」などが挙げられています。

この中でも特に有力な説が前者です。それで、子宮内膜症になると不正出血・腰痛・腹痛などの症状が起こるだけでなく、運が悪いと不妊症の原因になることもあります。

まず、不正出血で注意しなければならないのが、大量の出血・生理とは無関係の出血などです。1時間以内にナプキンの交換が必要だったり、レバー状の塊が出る場合には、早めに医者にかかった方が良いです。

それから、腰痛・腹痛で注意しなければならないのが激痛で、安静にしていても我慢できないほどの痛み・性行為の時の下腹部痛などは診察を受けた方が良いです。

また、子宮内膜症も他の婦人科系の病気と同じように、不妊症のリスクがあります。将来的に妊娠を望んでいる方は、ちょっとした違和感の段階でも念のため検査を受けておくと安心です。