子宮内膜症と言う病名を聞いたことのある方はあっても、具体的にはどういう病気なのか、どういう症状が起こる病気なのか、知らない方は多いでしょう。

でも、子宮の病気は自己判断が難しいですし、自覚症状が感じられないことも多いものです。運が悪いと気づかないうちに症状がかなり進行してしまって、婦人科にかかった時には治療が大変な症状になっていることも。手遅れになることがないよう、この機会に子宮内膜症に関する知識が得られると良いですよね。

子宮内膜症がどういう病気なのか、どういう症状が起こるのかなどが分かっていれば、少しでも怪しいと感じた時にすぐに医者にかかる決断ができるでしょうから。では、今回は子宮内膜症がどんな病気か、排卵痛とどういう関係があるのかについて詳しく見ていきましょう。

・子宮内膜症は若い女性に多い病気!

「病気と言うと、年齢とともに気を付けなければならないもの!」と思っている方が多いでしょう。でも、子宮内膜症に関しては、若い女性の方が注意した方が良いでしょうね。

発症者がもっとも多い年齢が40代で、次に発症者が多いのが20~30代の方で、この他に10代の方にも発症者がいます。とは言っても、50代以上になるとホルモンバランスの関係で、だんだんと発症者が減っていきます。

このようなことを考えると、若いうちにしっかり予防対策ができると良いですよね。そもそも、子宮内膜症は子宮内膜が子宮以外の場所にできて、増殖してしまう病気です。

女性ホルモンのエストロゲンの分泌が多い時期は、どうしても症状が悪化しやすくなります。「月経周期が短くて月経期間が長い。」「今までに妊娠・出産を経験したことがない。」などのような方は、子宮内膜症を発症しやすいので注意が必要です。


スポンサードリンク


・子宮内膜症の症状は?

どういう病気でも何らかの症状が現れるもので、もちろん子宮内膜症にも症状があります。ただ、厄介なことに、子宮内膜症に初期症状はほとんどありません。

本当は症状を感じていても、毎月の月経による症状なのだと勘違いして、病気に気付かずにいることもよくあります。子宮内膜症を早く治療するためには、初期段階で気付けるのがベストですが、定期的に検診でも受けていないと難しいものです。

それで、症状に気付いた時には、子宮内膜症の中期以降であることが多いです。ちなみに、子宮内膜症の症状を感じるとしたら、次のような症状を感じる方が多いです。

「じっとしていても辛いほど、生理痛が酷い。」「生理関係なく下腹部痛や腰痛がある。」「生理の出血量が多く、レバー状の塊が出る。」「生理中は1時間おきにナプキンを変えないといけないくらい、生理の出血量が多い。」このような症状を感じて病院に行くと、子宮内膜症がかなり悪化していて、卵巣・腹膜、さらには骨盤内の臓器まで癒着していることも。

卵巣が破裂する他、日常生活に支障ができることもあるので、何らかの違和感があればすぐにでも婦人科にかかることです。

・子宮内膜症で排卵痛が酷くなる?

子宮内膜症の症状と言えば、生理痛・腰痛・性行為の時の痛みなどがよく言われるものです。ここで、「子宮内膜症は排卵痛とは関係ないのだろうか?」と、疑問を持っている方もいるでしょう。

もちろん、排卵痛も生理痛と同じようにホルモンの働きが関係しているものなので、あまりに痛い時には何らかの異常の可能性があります。

そもそも、排卵痛は名前の通り排卵の時に起こる痛みで、生理の約2週間後くらいに起こることが多いです。排卵痛は生理痛に比べると感じる方は少ないのですが、しっかりと痛みを感じる方もいます。

とは言っても、さすがに「健康体で激痛が起こる。」なんて言うことは考えにくいです。「排卵日前後に動けないほどの激痛を感じる。」なんて言う場合には、子宮内膜症や他の病気の可能性を疑って、早めに婦人科にかかった方が良いです。

排卵痛の他には、「生理以外のタイミングで生理痛が起こる。」「排便痛を感じる。」「生理を重ねるうちに、排卵痛・生理痛が悪化している。」などの症状がないかもチェックしてみましょう。

・子宮内膜症による排卵痛の原因は?

子宮内膜症で生理は分かりやすいでしょうが、「なぜ排卵痛なの?」と疑問を持っている方はいませんか。そもそも、子宮内膜症は子宮以外の場所で子宮内膜が増殖する病気で、症状が悪化すると炎症が進んで臓器同士が癒着することがあります。

また、卵巣で子宮内膜が増殖すると「チョコレート嚢胞」と言って、卵巣に血液が溜まって血液の塊ができて、排卵を邪魔してしまうことがあります。

チョコレート嚢胞は左右の卵巣のうち片方だけ起こって、排卵痛も片側だけ起こることもよくあります。ところで、「痛みがある時は、冷やせば治る!」なんて思っている方もいるでしょう。

実は、排卵痛は冷やすのはダメで、温める方が正しい対処法です。「痛む部分を中心に厚着をして、温かい服装を心掛ける。」「カイロやホットパックなどを使って、痛む部分を温める。」「冷たい食べ物・飲み物は控えめにして、食べ物・飲み物はできるだけ温かい状態で摂取する。」このようなことを心掛けて、お腹周りを少しでも温かい状態にしておくことが、痛みを緩和することに繋がります。


スポンサードリンク


・子宮内膜症は何科?

「子宮内膜症の疑いがある場合には、早めに医者にかかりましょう。」なんてよく言いますよね。でも、ここで何科にかかったら良いのか、迷ってしまう方もいるでしょう。

いや、迷わずに婦人科を選択する方も多いでしょうが、婦人科の他にも産婦人科・子宮内膜症外来などの選択肢があります。産婦人科は妊娠中・出産を迎える方の来院が多いので、行きづらいなんて言う方もいるかも知れませんね。

こんな方は婦人科・子宮内膜症外来の方が通いやすそうです。それで、医者にかかった時に行う検査はまずは問診で、具体的な症状について質問されます。

「どういうタイミングで、どういう痛みが起こるのか。」「生理の出血量は多いか。レバー状の塊は出ないか。」「初潮はいつだったか。」「妊娠・出産歴はあるか。」このような症状・体の状態などを説明できるように、メモ帳にまとめておくと問診がスムーズです。

問診の他には必要に応じて、尿検査・内診などを行います。うっかり出掛ける前にトイレを済ませてしまうと、尿検査の時に十分な尿が取れないことも。

また、内診はショーツは脱いで、お腹の上にタオルを乗せた状態で行う病院が多いです。脱ぎ着しやすい服装だと、内診前後の着替えがスムーズです。

・まとめ

子宮内膜症は20~30代の方にもっとも多い病気で、少ないながらも10代で発症する方もいます。40代までは発症者の多い病気ですが、50代以降は年齢とともに発症者が減っていきます。

女性ホルモンの働きが関係している病気なだけに、「月経周期が短くて月経期間が長い。」「今までに妊娠・出産を経験したことがない。」などの場合にはリスクが高まります。

それで、子宮内膜症の主な症状は、激しい生理痛・生理とは無関係の下腹部痛や腹痛・レバー状の塊・生理の出血量が多いなどです。子宮内膜症で排卵痛が酷くなることもあります。

排卵痛は生理痛とは違って分かりにくい痛みなのですが、生理の約2週間後くらいに下腹部痛を感じる場合は排卵痛の可能性が高いです。子宮内膜症で排卵痛が起こるのは、臓器同士の癒着・チョコレート嚢胞などが原因として考えられます。

特にチョコレート嚢胞が起こると、卵巣に溜まった血液が塊になって排卵を妨げようとします。排卵痛が起こった時は、痛みを感じる部分を温めることで痛みが緩和することがあります。

子宮内膜症の可能性を心配して医者にかかる場合、婦人科・産婦人科・子宮内膜症外来にかかるとベストです。事前に症状・体の状態についてメモ帳にまとめておき、検査当日は脱ぎ着しやすい服装で病院に行きましょう。