妊娠中の薬

妊娠中に解熱・鎮痛薬カロナール・ロキソニンを毎日飲む影響は?

妊娠中の薬の服用は、赤ちゃんに悪影響があるのではないか、副作用が強く出てしまうのではないかと不安になる方が少なくありません。

もちろん、リスクは0ではありませんが、それは妊娠していてもしていなくても同じです。そこで今回は、有名で服用する機会も多い解熱鎮痛薬のカロナール、ロキソニンについてご説明します。正しい知識をもって、薬を上手に付き合いましょう。

カロナールとは?

カロナールは、アセトアミノフェンが主成分の解熱鎮痛薬です。熱が出ているときや頭痛がするときに病院で処方されたことがある経験をもつ方が多いでしょう。アセトアミノフェンは、小児も使用できる効果がマイルドな成分です。効果は比較的緩やかで、妊婦が服用しても胎児への影響は出にくいとされています。

カロナールを妊娠中に飲んでも大丈夫?

妊娠中に服用しても安全であるといわれている薬です。催奇形性のリスクもほぼありませんが、できるだけ妊娠初期の使用は避けましょう。また、妊娠後期の服用により胎児に動脈管収縮を起こす可能性が否定できないとされています。

動脈管収縮とは、動脈管が早期に収縮してしまうのですが、これにより肺に負荷がかかり新生児肺高血圧の原因になったり、血液から栄養を届けにくくなります。

また、毎日服用することは避けましょう。比較的安全な薬とは言われていますが、赤ちゃんは薬を体外へ排出する機能が十分ではありません。そのため、成分が蓄積して何らかの影響が出ることは否定できないからです。

カロナールは、服用するとすぐに効果が出る即効性のある薬です。そのため、本当に必要な時のみ服用するようにしましょう。また、自己判断で服用せずに医師または薬剤師に相談してから服用するようにしましょう。

口コミやSNSなどで「カロナールは安全だから妊娠中に飲んで大丈夫です」という情報がありますが、薬の影響には個人差があります。不要なリスクを避けるためにも、病院にかかりましょう。

ロキソニンとは?

ロキソニンとは、ロキソプロフェンを主成分とする解熱鎮痛薬です。NSAIDsに分類されます。NSAIDsとNSAIDsとは、非ステロイド性抗炎症薬です。

この薬は、カロナールと比較して解熱鎮痛の効果が強いです。そのため、成人では頻繁に処方されますが、小児や高齢者では使用できないケースがほとんどです。

副作用に、胃腸障害があります。ロキソニンを処方されるときに、空腹時は避けて飲んでくださいと言われたことがあるかと思いますが、ロキソニンは胃腸を荒らす副作用をもつためです。また、腎機能障害を起こす可能性もあります。

ロキソニンを妊娠中に飲んでも大丈夫?

ロキソニンは、妊娠中に処方されるケースはあります。服用しても、催奇形性のリスクはほとんどありません。しかし、カロナールと同様に妊娠初期の使用はできる限り避けましょう。

また、妊娠後期の使用は禁止されています。カロナールと同様に胎児に動脈管収縮を起こす可能性があるからです。カロナールは、治療上必要であれば服用してもいいとされていますが、ロキソニンは服用は禁止されています。

また、動脈管収縮だけではなく胎児に腎障害を及ぼす可能性もあります。この薬は、腎臓で代謝されて無毒化されますが、胎児はまだ腎臓が未発達のため代謝できずに腎臓に成分が蓄積してしまいます。

そこで、障害が起こる可能性があるからです。また、妊娠中にかかわらず、ロキソニンの毎日の服用は避けましょう。腎臓に負担がかかるだけではなく、頭痛を引き起こす可能性があるからです。

特に3カ月以上の連日服用で頭痛を起こす頻度が高くなる報告があります。ロキソニンは、服用後比較的速やかに効果を発揮する即効性のある薬です。そのため、必要なときだけ服用するようにしましょう。

カロナール、ロキソニンは時期や用法用量を守れば、安全に使用できる薬です。薬局でも手軽に購入できる薬ではありますが、本当に服用が必要かどうかを考え、医師や薬剤師に症状を相談しましょう。

発熱が、ただの風邪ではなく違う重篤な感染症の可能性もあります。その場合は、母親だけではなく赤ちゃんへも影響が出てしまいます。また、頭痛がするといっても薬ではなくほかに解消方法もあります。

ただの頭痛ではなく違う病気の兆候の可能性もあります。おなかの中に赤ちゃん委がいる以上、自分だけの体ではありません。自己判断で服用せずに、症状を含めて病院にかかり医師に診断してもらいましょう。

また、カロナールやロキソニンを長期間服用する場合は、赤ちゃんへの影響が出る可能性も否定できないため、自己判断では服用せずに医師や薬剤師に相談し、用法用量を守って使用するようにしましょう。


スポンサードリンク