妊婦さんの悩みの上位に、便秘があります。もともと便秘の方も、妊娠してから便秘になる方もいます。お腹に赤ちゃんがいるので、いきむのも怖いという方も多いです。

出来るだけ薬に頼らずに便秘を解消したいですが、あまり我慢しすぎても苦しいですよね。もちろん、便秘はからだに良くないです。

そこで今回は、妊娠中の便秘薬についてご説明します。

妊婦は便秘になりやすい?

便秘に悩む妊婦さんは少なくありません。それは、妊娠中は便秘になりやすいからなのです。その原因はさまざまです。代表的な原因をご紹介いたします。

・ホルモンバランスによる影響

黄体ホルモン(プロゲステロン)は、妊娠した状態を継続するために必要不可欠な女性ホルモンです。この黄体ホルモンには、水分を体内に留める働きがあります。そのため、腸内で便から水分が吸収され、本来は便に行き渡るはずだった水分が減ってしまうため、便が固くなってしまい便が出にくくなってしまいます。

・子宮が大きくなることによる影響

胎児の成長に連れて、子宮が大きくなり大腸を圧迫します。大腸が圧迫されると、便がスムーズに流れにくくなってしまい、大腸に便が留まってしまう時間が長くなってしまうため、便の水分が吸収されて便が硬くなり、出にくくなってしまいます。

・水分不足や栄養不足

妊娠中は、赤ちゃんへ水分を与えるため、羊水として水分を利用するため水分不足による便秘がおきやすいといわれています。妊娠をすると食の好みが変わったり、つわりなどで栄養に偏りがでることもあります。また、栄養を赤ちゃんへ与えるために栄養不足となり、便秘になってしまいます。


スポンサードリンク


・疲労やストレス

妊娠によって体調や生活のリズムは変わってしまうことがあります。変化による疲労でストレスが過度にかかってしまいますと、自律神経が乱れてしまいます。自律神経が乱れると、腸の動きが弱くなってしまい便秘になります。

・運動不足

妊娠初期から安定期に入るまでは運動を控える方が多いです。また、疲れやすいため動くことが少なくなり、運動不足になりがちです。適度な運動は腸の動きを活発にさせるのですが、運動量が減ることにより便が出にくくなってしまいます。

妊婦は便秘薬は飲めるの?オススメは?

妊娠中は、薬が赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があると不安になり、薬を飲むのをためらいますよね。便秘薬は、妊娠中は飲んでも大丈夫でしょうか。答えは、飲める薬と飲めない薬があります。そこで、代表的な便秘薬について説明します。

妊娠中に飲んでも大丈夫な便秘薬

マグミット、マグラックス(酸化マグネシウム)

便秘解消目的で頻繁に処方される薬です。これは、よくある大腸を刺激する薬ではなく、直接的に便の水分調節に作用することで排便を促す薬です。

そのため、効き目もマイルドですが自然な排便を促すので、便秘薬によくある長期間の使用により効果がなくなってくる、癖になるということが少ない薬です。基本的には副作用も少なく安全な薬と言われており、妊娠中の母体や胎児への影響はほとんどありません。

しかし、下痢・だるさ・嘔吐・口が渇く・筋力低下・低血圧・眠気などの副作用がでる可能性があります。過剰摂取した場合は、低血圧・呼吸困難・心停止の恐れがある高マグネシウム血症に繋がる可能性もあります。そのため、用法用量を守って使用するようにしましょう。

ビオフェルミン

ビオフェルミンは、ヒト由来の乳酸菌が成分の薬です。そのため、腸内環境を整えて、腸の蠕動運動がしっかりと行われることで、自然に便秘解消に繋がる仕組みのようです。

小さい子供や妊婦も安心して飲める便秘薬とされています。稀に、乳酸菌が過剰に働くことで下痢といった副作用が起きることもあるため、下痢が続く場合は、直接胎児に影響はないとされていますが、念のため服用を減らすか中止したほうが良いでしょう。


スポンサードリンク


ラキソベロン(ピコスルファート)

大腸を刺激することにより、排便がうながされる効果のある大腸刺激性下剤です。刺激がそこまで強くないため、妊婦でも服用可能と言われております。また、赤ちゃんへの影響もほとんどありません。

しかし、腹痛をきたすことがあるため、その際は胎児への影響はありませんが、使用を中止しましょう。

妊娠中は避けた方が良い便秘薬

アローゼン

アローゼンは、大腸刺激性下剤に分類されており、植物成分のセンナにある主に大腸の刺激によって便秘解消効果が見込め、腸の機能が低下している便秘に効果的とされています。

効果が高いですが、その分効きが良いことから、腸の刺激によって腹痛や吐き気といった副作用の可能性が高いと言われています。妊婦の摂取に関しては、センナにある子宮収縮によって早産や流産のリスクが高まる可能性があるため、原則的に禁止されております。

プルゼニド

センナにあるセンノシドが有効成分のプルゼニドは、アローゼンのように大腸刺激性下剤に分類されています。効きが強いと有名で、過剰に効くことで腹痛等の副作用が起こりやすいと言われてます。アローゼンのように、プルゼニドも妊婦の摂取は原則禁じられているので、使用は控えましょう。

また、浣腸によって便秘を解消する方法がありますが、腸を刺激して近くにある子宮にまで影響が出て、早産の可能性があるとされています。自己判断では行わないようにして、医師または薬剤師に相談してから行うようにしましょう。

薬以外で便秘を解消する方法は?

安心して服用できる便秘薬があることがわかりましたが、できるだけ便秘薬には頼りたくはありません。便秘薬を常用すると便秘薬なしでは排便しにくくなってしまったり、効果が薄れてきて用量を増やしていく必要が出てくることがあるからです。そこで、薬以外で便秘を解消する方法を紹介します。

水分補給

便から水分がなくなると、硬くなってしまい排便が難しくなります。そこで、意識的に水分を摂取するようにしましょう。おすすめは、寝起きコップ一杯の常温の水です。便に水分がいくことにより、柔らかくなって排便しやすくなります。また、寝起きに水を飲むことで、腸が活発に動き排便を促します。

栄養バランス

特に食物繊維を多く含む食品、乳酸菌を多く含む食品を摂取しましょう。つわりなどでなかなか食事をとれない時期もありますが、寒天やヨーグルトなど手軽に食べることができそうな食品を見つけて摂取しましょう。また、適度な油をとることも大切です。油は便がスルスルと出てくる潤滑油の役割を果たします。オリーブオイルなどの栄養価の高い油を摂取しましょう。

運動

妊娠中はどうしても運動不足になりがちです。しかし、ウォーキングやストレッチなど簡単にできる運動で大丈夫です。運動することにより、腸の動きが活発になり排便を促します。しかし、おなかが張るなどの異常を感じたときは、無理せずに中止するようにしましょう。

生活リズム

規則正しい生活を心がけましょう。不規則な生活により、自律神経やホルモンバランスが乱れます。これらが乱れると便秘の原因になります。規則正しい生活と同時にストレスをためないように、リラックスできる環境を整えるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。便秘への知識と薬への正しい知識を持って、適切な対処をするようにしましょう。