高血圧は、患者人数が多い疾患の一つです。生活習慣病の中では一番患者人数が多いといわれています。もともと高血圧の方や、妊娠を機に高血圧になる妊婦もいます。

そんな高血圧ですが、妊婦や赤ちゃんへの影響はあるのでしょうか。また、薬は飲むことができるのでしょうか。あまり自覚症状がないからといって、油断してはいけない病気です。そこで今回は、妊娠中の高血圧について、説明しましょう。

高血圧とは?基準や症状は?

高血圧の判断基準は、縮期血圧(最高血圧)が140mmHg以上、拡張期血圧(最小血圧)が90mmHg以上の場合に高血圧と診断されます。

しかし、妊娠20週以降~分娩後12週の間に、高血圧、あるいは高血圧と蛋白尿の症状がみられる場合は、妊娠高血圧症候群といいます。妊娠高血圧症候群は、重症化すると母親はもちろん、お腹の赤ちゃんにも影響があるため、注意が必要です。

なお、妊娠前から高血圧がある場合は、高血圧合併妊娠といい、妊娠高血圧症候群とは分けて考えられています。しかしその後、妊娠20週以降~分娩後12週の間に蛋白尿の症状があらわれた場合には、妊娠高血圧症候群となります。

妊娠高血圧症候群の症状で、もっとも有名なのは、高血圧と蛋白尿です。検査で30mg/dl以上たんぱく尿が出ていると陽
性と診断されます。

また、妊娠高血圧症候群にかかると、母体や胎児に悪い影響をあたえる合併症が発症するリスクが高くなります。たとえば、常位胎盤早期剥離です。胎盤は通常、出産後に子宮から剥がれて出てくるものです。

それが、子宮の正常な位置にあるにも関わらず、赤ちゃんがまだお腹の中にいる間に剥がれてしまうことが位胎盤早期剥離です。胎盤が剥がれることにより、赤ちゃんに酸素や栄養が届かなくなります。

それ以外にも、動脈硬化や心不全、脳梗塞などさまざまな合併症を引き起こす可能性があります。それまでとくに症状が出てないにも関わらず、数日のうちに急激に悪化して、緊急入院、手術が必要になるケースも珍しくありません。

母子ともに命に関わることもありますので、以下のような症状や兆候を感じたら、医師に相談しましょう。

・頭痛
・倦怠感
・尿の減少
・急激な体重増加
・浮腫(むくみ)
・みぞおちが急に痛くなる
・吐き気
・動悸

高血圧になりやすい人は?

高血圧の原因は、塩分の取り過ぎ、運動不足などがあります。妊娠高血圧症候群になりやすい人の特徴としては、35歳以上または15歳以下、初めて妊娠した方、肥満体質の方、過去に妊娠高血圧症候群にかかったことがある方、もともと高血圧、糖尿病を患っている方などが挙げられます。

高血圧の治療法は?

妊娠高血圧症候群の場合は、まずは安静にすることと食事療法を行います。安静にすることで、自律神経が整い、血圧が低下するためです。

食事療法の具体的な内容は、塩分を控えこと(7~ 8g/日に制限する、予防の場合は10g/日)、たんぱく質摂取量のコントロールをすること(理想体重 ×1.0g/日、予防には理想体重 ×1.2~ 1.4g/日)、さらに動物性脂肪と糖質は制限し、ビタミンを多く含むものを積極的に食べることがあります。また、カルシウムやカリウム、マグネシウムは高血圧予防効果があると言われているのでこれらも積極的にとるようにします。

それでも改善しない場合や、重症の場合は薬物治療を併用して行います。

高血圧の薬は妊婦は飲めるの?

食事療法や生活習慣の改善をしても、血圧が低下しなかった場合は、薬物治療が開始されます。その際に、服用できる薬は制限されますが安心して飲める薬はあります。

高血圧治療ガイドラインでは、アダラート(ニフェジピン)、アルドメット(メチルドパ)、アプレゾリン(ヒドララジン)、トランデート(ラベタロール)の4種類の使用が推奨されています。症状によっては違う薬が選択される場合もあります。アルドメット(メチルドパ)、アプレゾリン(ヒドララジン)、トランデート(ラベタロール)は、妊娠週数に関わらず使用されますが、アダラート(ニフェジピン)のみ妊娠20週以降に使用されます。

また、作用機序に違いがあります。血管を拡張させて血圧を下げるタイプのアダラート、アプレゾリン(ヒドララジン)、交感神経を抑制し血圧を下げるタイプのアルドメット(メチルドパ)、トランデート(ラベタロール)を組み合わせて使用するケースが多いです。

ACE阻害薬と言われているカプトプリル、レニベースなどや、ARBと言われているニューロタン、ブロプレスなどは、妊娠中に服用すると、胎児や羊水へ悪影響が出るおそれがあるため妊娠中は使用が禁止されています。

このように、妊娠中は服用できる薬とできない薬があります。高血圧の薬は市販されておらず、医師の処方が必要な薬ですので、医師に妊娠中であることを伝えたうえで相談してから使用するようにしましょう。