妊娠を期待している方なら、着床出血らしい症状が見られると、気にせずにはいられませんよね。着床出血には時期・期間・量など、着床出血ならではの特徴があって、それらの特徴から着床出血の可能性が分かる場合もあります。

でも、特徴からの判断はあくまでも自己判断で、確実なものではありません。そこで、他の自己判断の方法として、妊娠検査薬が挙げられます。妊娠検査薬はスティックの先に尿をかけるだけで、簡単に妊娠の可能性を知ることができます。

ただ、妊娠検査薬が使えるのは、一般的には生理予定日から1週間後くらいと言われています。早いもので生理予定日当日から使えるものもあります。それでも妊娠を待ち望んでいる方からすると、「もっと早く妊娠の有無を知りたい!」と思いますよね。

フライング検査で確実性の高い結果が出るのは、一体いつからなのでしょうか。では、今回は着床出血から何日で陽性が出るのか、妊娠検査薬を使うタイミングについて見ていきましょう。


スポンサードリンク


・妊娠検査薬でなぜ妊娠が分かる?

妊娠検査薬はスティックの先に尿をかけて、結果が出るまで待つだけ。ドラッグストアですぐに手に入るし、使い方が簡単で妊娠の有無を自己判断するのに便利なアイテムです。

ところで、妊娠検査薬でなぜ妊娠の判断ができるのか、知っていますか。まず、妊娠すると「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」と言うホルモンが分泌されて、尿中にもhCGが含まれるようになります。

それで、妊娠検査薬では尿中のhCGの濃度から、妊娠の有無を判断できるようになっています。具体的には、hCGが50mIU/ml以上になると、「陽性反応(妊娠の可能性がある)」が出るようになっています。

とは言っても、女性の体の変化に個人差があるように、hCGの濃度にも個人差があります。着床して早い時期にhCGが50mIU/ml以上になる方もいれば、ある程度時間が経たないとhCGが50mIU/ml以上にならない方もいます。

つまり、着床して早い時期に妊娠検査薬で陽性反応が出る人もいれば、陽性反応が出るまでに期間が必要な人もいます。後者の場合には妊娠検査薬を使うタイミングが早いと、妊娠していても陽性反応が出ないことがあります。

・着床出血から3日くらいで陽性になることも!

「一刻も早く妊娠を知りたい!」と言う方だと、生理予定日まで待ちきれずにフライング検査をしてしまうこともあるでしょう。いや、フライングとまで行かなくても最近では「早期妊娠検査薬」と言って、生理予定日よりも前に使える妊娠検査薬も販売されていますよね。

通常の妊娠検査薬だとhCGが50mIU/ml以上で陽性反応が出るのが、早期妊娠検査薬だとhCGが25mIU/ml以上で陽性反応が出るようになっています。それで、早期妊娠検査薬の場合は、着床から2~4日後に反応すると言われています。

まず、着床出血は排卵日の7~12日後、生理予定日の2~7日前に起こることが多いです。なので、着床から2~4日後と言うと排卵日の9~16日後、生理予定日の5日前~2日後に妊娠検査薬が反応することになります。

つまり、着床出血が早い時期に来た方なら、生理予定日を待たなくても妊娠検査薬が陽性になることもよくあります。ただ、着床出血が遅い時期に来た方だと、妊娠検査薬が反応するのが生理予定日を数日過ぎてしまうことがあります。

・フライング検査で陽性でも化学流産になることが!

妊娠の有無は、早く知れば良いと言うものではありません。と言うのは、早い段階で妊娠検査薬で陽性反応が確認できても、このまま妊娠が継続されるとは限らないからです。

実は、妊娠検査薬の陽性は通常の妊娠以外に、化学流産になる前、卵巣の悪性腫瘍、hCG製剤投与(不妊治療など)などで出ることもよくあるのです。特に健康な方で自然妊娠を望んでいる方に多いのが「化学流産」です。

この場合は「フライング検査で陽性だったのに、暫くしてまた妊娠検査薬を使ったら陰性になった。」なんて言うことになることも。あるいは、妊娠検査薬で陰性の結果を確認する前に、生理が来て化学流産に気付くケースもあります。

フライング検査で陽性を確認したことで、余計に化学流産の悲しみが強くなることも考えられますよね。いずれにしてもはっきりした結果は、生理予定日を過ぎれば分かります。

なので、どんな結果でも受け入れられる覚悟がない精神状態にある場合には、敢えてフライング検査をしないでおく方が良いかも知れませんね。化学流産の可能性は意外に高く、35~40%もあるようですから。


スポンサードリンク


・フライング検査で陰性でも妊娠していることもある

「フライング検査で陽性なのに、後で再検査したら陰性。」なんて言うこともあれば、「フライング検査で陰性なのに、後で再検査したら陽性。」なんて言うこともよくあります。

妊娠検査薬はhCGの濃度から妊娠の可能性を知るものなので、100%の答えを出すものではないからです。ちなみに、妊娠検査薬で陰性になるとしたら、本当に妊娠していない場合以外に、hCG濃度が低い、水分の過剰摂取などが挙げられます。

hCG濃度の上がり方には個人差がありますし、着床してすぐに上がる方もいれば緩やかに上がる方もいます。もし緩やかに上がる方であれば、フライング検査でhCG濃度が低いことも十分に考えられます。

ただ、こんな方でも1週間くらい期間を置いて再検査すれば、その時には妊娠検査薬が陽性を示す可能性があります。もちろん、水分の過剰摂取で一時的にhCG濃度が上がることもあるので、再検査の時は水分は適度な摂取にしておいてくださいね。

・妊娠検査薬を使うタイミングは?

妊娠検査薬はフライング検査でも正しい結果を導くことがありますし、結局の所いつ使ったら良いのでしょうか。「正しい結果が出る可能性がある。」と言うことは、やはり「間違った結果が出る可能性もある。」と言うことでもあります。

しかも、間違った結果が出てしまった時に、正しい結果を素直に受け止められるかどうかも大切ですよね。初めから正しい結果を知らされている以上に、大きなショックを受けることもあるでしょう。

間違った結果に振り回されてしまうくらいなら、説明書通りの正しいタイミングで妊娠検査薬を使うのが良いでしょうね。それで、妊娠検査薬を使うタイミングは、一般的には「生理予定日の1週間後」と言われています。

中には、生理予定日当日から使えるものもあります。ただ、早く使える妊娠検査薬はそれだけ感度が強く、妊娠以外のものにも反応してしまう可能性がありますし、間違った結果を出してしまう可能性もあります。

初めから確実性の高い結果を導くためには、生理予定日から1週間後に使えるものを、言葉通り生理予定日から1週間後に使うことをお勧めします。

・まとめ

妊娠検査薬は尿中の「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」の濃度から、妊娠の有無をチェックするアイテムです。hCGは妊娠すると分泌が増えるホルモンですが、増え方には個人差があります。

なので、早い方だと着床出血から2~4日くらいで、陽性反応が確認できることがあります。着床出血から2~4日後は「排卵日の9~16日後」、「生理予定日の5日前~2日後」に当たります。

ただ、あまりに早い時期に妊娠検査薬を使うと、「後でもう一度検査したら陰性だった。」とか「最終的に陽性になった。」なんて言うことも。妊娠検査薬の陽性は妊娠の他、化学流産になる前、卵巣の悪性腫瘍、hCG製剤投与(不妊治療など)などで確認できる場合もあります。

一方、陰性は妊娠していない他、hCG濃度が低い、水分の過剰摂取などで出てしまうこともあります。中でも化学流産の可能性は、40%近くもあると言われているので注意が必要です。

このようなことを踏まえて、妊娠検査薬は生理予定日から1週間後に使えるものを、生理予定日から1週間後に使用するのがお勧めです。「間違っているかも知れない結果を早く知る」よりも、「少し待っても正確な結果を知る」ことで、少しでも気分良く赤ちゃんを待ちましょう。