不妊治療を始めると、排卵誘発剤の使用を勧められる場合があります。排卵誘発剤を使えば、必ず妊娠するのでしょうか?年齢によって、妊娠が成立する確率は変わるのでしょうか?

双子が生まれる可能性が高いという噂は本当なのでしょうか?排卵誘発剤への疑問点や不安は、誰しもが抱えていると思います。

あらかじめ、排卵誘発剤の仕組みや効果、副作用などの知識を頭に入れておいて、妊娠に導くためにはどのような方法をとれば効果があるのかを考えることが大切です。

今回は、排卵誘発剤での妊娠確率の年齢別推移と、双子を妊娠しやすくなる可能性についてご紹介します。

排卵誘発剤の使用目的と種類について。

排卵誘発剤はどんな場合に使用するの?

排卵誘発剤は、妊娠率を向上させることを目的とする薬剤の一種です。

不妊治療の初期は、男性、女性ともに不妊の原因が見当たらなければ、経膣超音波法による排卵予測と夫婦生活のタイミング指導を行います。その段階では、まだ薬は使用しません、

それから、少しでも妊娠確率を上げるために排卵誘発剤の使用を開始します。なかなか妊娠に至らない人の特徴としては、卵が大きくならない、または大きくなるのに時間がかかることがあげられます。

排卵誘発剤は、これらの要因を解消に近づける役割があります。無排卵の場合は排卵を促す、排卵しやすい状態に身体のバランスを整える作用があります。

排卵誘発剤は、黄体機能を高め、基礎体温を安定させるなどして妊娠しやすい身体作りを助ける効果もあります。排卵誘発剤には飲み薬と注射薬があります。以下、それぞれの特徴についてご紹介します。


スポンサードリンク


飲み薬

飲み薬タイプの排卵誘発剤でよく使用されるのは、「クロミッド」です。この薬は無排卵や無月経の方のみならず、黄体機能不全、さらに人工授精における妊娠率の向上目的など使用範囲が広く、不妊治療においての排卵誘発剤といえば、クロミッドをすぐに思いつく方も多いでしょう。

この薬は脳に作用して、卵巣を刺激するホルモン(FSH )の分泌を促す事により、間接的に卵胞の発育、そして排卵を促します。

しかし、「子宮内膜が薄くなる」、「経管粘液が減少する」などの問題点があり、クロミッドの使用期間が長くなるにつれて、こうした副作用の発生頻度が高くなってしまいます。

二種目の「セキソビド」はクロミッドと同様に排卵誘発作用をもつ薬ですが、経管粘液減少や子宮内膜が薄くなるなどのトラブルが少ないかわりに、排卵誘発作用もクロミッドほど強くありません。

ただ、この薬は一回に服用する量が多く、服用期間も長めなので心理的負担が大きくなってしまうかもしれません。

注射薬

注射薬の排卵誘発剤としては、HMG製剤(ヒュメゴン、パーゴナル、フェルティノームP など)があります。これらの注射薬は、卵巣に直接働いて卵胞の発育を促します。飲み薬よりは作用が強く、注射から約24~36時間で排卵を起こすことができます。

飲み薬で排卵がうまくいかない場合に使われることが多いです。使用目的は、無排卵の方の排卵を促す、または体外受精のために1 度にたくさんの卵を得ることがあげられます。

排卵誘発剤を使用した際の、年齢別妊娠確率について。

20代の妊娠確率

20代のカップルで不妊の原因が特定できない場合は、確実な排卵日を測定して、タイミングを取ることを勧められます。1回のタイミング法で妊娠できる確率はそこまで高くないので、何度も繰り返す形となります。

タイミング法を続けても妊娠に至らない場合に、排卵誘発剤の投与が始まります。20代の不妊治療の成功率は約60%といわれています。年齢が上がるにつれて確率が下がっていくので、治療を始めるなら早めに取りかかることを強くおすすめします。
まだ若いからと、後回しにしてはいけない問題です。

20代のうちであれば、治療回数が増えるごとに成功率が高まっていくので、積極的に治療を行いましょう。

30代の妊娠確率

30代に入ると、20代と比べて妊娠確率が低下するという話を耳にしたことがあるかと思います。30代前半で50%程度ですが、後半になると一気に30%台まで低下してしまうのです。

34歳以下で治療を開始した場合は、治療回数が増えるごとに妊娠確率が上がりますが、35歳以上となると、治療回数が増えても妊娠確率が上昇しないこともあります。

妊娠確率を上げたいのであれば、早めの治療をおすすめしますが、妊娠の時期などは個人差があるものです。あきらめずに治療の回数を増やすことで、妊娠までたどり付けるケースもあります。

40代の妊娠確率

20代、30代と比べて、40代の妊娠確率は大幅な低下が見られます。40代前半で20%台、後半になると10%程度と低下の度合いが大きくなってしまいます。

40代に近づけば近づくほど、不妊治療は体外受精、顕微授精といった高度生殖医療を取り入れたものになる場合も考えられますので、身体的、経済的な負担が非常に大きくなることも否めません。

現代は医療技術が進歩したからといえ、不妊治療を行えば、30代後半~40代でも妊娠出産が可能だというのは残念ながら間違いです。

早いうちから婦人科を受診して、婦人科系の疾患があれば必ず治療するなどして、ご自身の健康状態に気を付けることが重要です。

排卵誘発剤で双子が生まれる確率と、副作用について。

基本的に、1回の生理周期で排卵される卵子の数は1個のみです。

しかし、排卵誘発剤を使用すると卵子が複数排卵されることがあります。特に注射薬は排卵誘発力が強いので、双子が生まれる確率が高くなるといわれています。

ただし、排卵誘発剤の使用で双子が生まれやすくなるのは結果論であり、双子を産み分けするための方法ではないことを理解しておいてくださいね。

飲み薬での確率

「クロミッド」、「セキソビド」は不妊治療の初期に使用される、飲み薬タイプの排卵誘発剤です。双子の妊娠確率は、2種とも約5%といわれています。


スポンサードリンク


注射薬での確率

注射薬は飲み薬よりも効き目が強く、卵巣に直接刺激するので一度に複数の排卵が起こることがあり、双子や三つ子などの多胎児が生まれる確率が約20%とやや高い数値を示しています。

排卵誘発剤の副作用

注射薬は高い排卵効果が得られる分、副作用が見られる割合も大きくなります。投与の量や病状、薬への感受性によって、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)という副作用が出ることがあります。

卵巣過剰刺激症候群は、排卵誘発剤を使用したときに、卵巣が強い刺激を受けて大きく腫れる症状です。

症状の大半が経過を見るだけで自然に消えますが、時にお腹に水が溜まって脱水状態になり、入院治療が必要になる場合があります。

最悪の場合、血液が濃縮されることによって脳梗塞に至る事もあります。卵巣過剰刺激症候群は、若くて卵巣の反応性が良い方や、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS )の方の発症リスクが高いといわれています。

注射薬での排卵誘発剤の投与を希望する場合は、上記の副作用が起こりうることのリスクを知っておく必要があります。腹部の張り、下腹部痛、急な体重増加などが見られた場合は、速やかに医師に相談しましょう。

まとめ

排卵誘発剤は、妊娠を希望している方々にとっての希望となる薬剤です。

副作用が起こることや、双子を妊娠する確率が高くなるので、排卵誘発剤での不妊治療を検討する際は必ず注意の上で取り組んでくださいね。

排卵誘発剤の使用と並行しながら、生活習慣を少しでも良くする、できるだけストレスフルにならない生活を心がけるなど、ご自身の身体を労わるようにすれば良い効果が得られる可能性もあります。