排卵誘発剤を使い始めるにあたって、最初に気になる点は副作用の有無です。

排卵誘発剤は、卵巣を刺激して排卵を促す作用があるので、薬の種類によっては副作用が強く出るものもあります。

しかし、排卵誘発剤は不妊治療ではよく使われていて、自分の体質に合ったものであれば排卵率や妊娠率を上げる効果が得られます。

効果や副作用をよく理解して、無理なく続けていける治療法を探していきましょう。

今回は、排卵誘発剤の副作用や、副作用が起こった際の対策などについてご紹介します。

排卵誘発剤の使用目的と種類について。

排卵誘発剤はどんな場合に使われるの?

排卵誘発剤とは、排卵が起こっていない無排卵月経や、月経が来ない無月経、月経周期が長い希発月経など排卵障害がある場合に、排卵を促すために使われる薬です。

排卵を誘発することで、複数の卵子を排卵させて、受精する確率を上げる効果があります。排卵誘発剤を使用することで排卵率や妊娠成功率が高くなる効果が望めます。

排卵誘発剤は、卵胞を育てる働きと、排卵を促す働きがあります。卵胞が十分に育たない方、うまく排卵ができない方に大きな効果が現れます。

タイミング法や人工授精、体外受精などの不妊治療の際に多く用いられている方法です。

年齢とともに卵子の数は減っていくので、体外受精で1度に多くの卵子を採取したい際にも、卵胞を育てるために排卵誘発剤を使用します。

さらに、排卵誘発剤で卵胞を育てて、排卵を促すことで妊娠率が大幅に上がることがあります。排卵誘発剤使用時の排卵率は70~80%、妊娠成功率は20~40%と不妊治療には欠かせないものとなっています。


スポンサードリンク


内服薬タイプの排卵誘発剤。

内服薬タイプの排卵誘発剤は、クロミッド、セキソビット、テルグリドの3種類があります。

クロミッドは、脳下垂体に働きかけFSH(卵胞刺激ホルモン)やLH(黄体形成ホルモン)の分泌に働きかけ、卵胞を大きく育てる薬です。

排卵率が上がり、十分に育った卵胞の数を増やすことで妊娠率も上がります。不妊治療で最も使われている排卵誘発剤がクロミッドで、不妊治療の第一歩として服用される方が多いです。

セキソビットは、クロミッドと同じくFSH(卵胞刺激ホルモン)やLH(黄体形成ホルモン)の分泌に働きかけ、卵胞を大きく育てる薬です。

セキソビットのメリットは、効果が穏やかなため副作用が軽く、頸管粘液の減少や、子宮内膜が薄くなるのを抑えられます。
テルグリドは、プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)を持続的に抑制することで、高プロラクチン血性排卵障害や乳汁漏出、下垂体腫瘍といった症状を予防する効果がある薬です。

不妊に悩む女性は、プロラクチンの値が高くなっていることが多く、プロラクチンの分泌量が増えると排卵が止まることもあります。このプラクチンの分泌を抑えることで、排卵障害を改善する効果が期待できます。

HMG注射は強力な排卵誘発剤です!

HMG注射は、非常に強い効果のある排卵誘発剤で、先述の内服薬で効果が得られなかった場合に使われることが多いです。

HMG注射は、注射薬の成分にFSH(卵胞刺激ホルモン)が含まれているため、体内の中で確実にFSH(卵胞刺激ホルモン)が増加します。クラミッドなどの内服薬は、体内のFSH(卵胞刺激ホルモン)の分泌量を増やそうとしますが、HMG注射は直接FSH(卵胞刺激ホルモン)を体内に入れるため、クラミッドなどの内服薬に比べてはるかに高い妊娠効果が得られるのです。

排卵誘発剤の副作用について。

頭痛

頭痛やめまいを感じた場合は、排卵誘発剤の副作用が考えられます。

軽い頭痛やめまいならそれほど気にならないと思いますが、もしも日常生活に支障をきたすほど辛く感じる場合は、医師に相談することをおすすめします。

相談の上で、現在使用中の排卵誘発剤から他の薬剤に切り替えるなどの選択肢も考えましょう。頭痛の症状が落ち着かない場合は、市販の頭痛薬を服用しても構いません。

吐き気

吐き気や嘔吐を引き起こすことも、副作用の一種です。

吐き気が起こっても我慢してしまいがちですが、吐き気の症状が強い場合は、日常生活に支障をきたすこともありますので、医師に相談するようにしてください。

ごく稀に、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の中度の症状として吐き気を感じている場合もありますので、吐き気の症状が何日も続く場合は、必ず医師に相談してください。


スポンサードリンク


卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

卵巣過剰刺激症候群は、排卵誘発剤を使用したときに卵巣が強い刺激を受けて大きく腫れる症状です。効果が強いHMG 注射の際に見られることが多いです。

ほとんどは経過を見るだけで自然に消えますが、時にお腹に水が溜まって脱水状態になり、入院治療が必要になる場合があります。最悪の場合には、血液が濃縮されることにより、脳梗塞に至る事もあります。卵巣過剰刺激症候群は、若くて卵巣の反応性が良い方や、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS )の方に発症しやすい事が知られています。

排卵誘発剤の副作用として、誤解されやすいものは?

小見出し:乳がんの心配はありません。

排卵誘発剤で女性ホルモンが増えることにより、乳がんのリスクが上がるのではないかとの懸念がありますが、現在の研究によると、発がん性は心配しなくてよいと考えられています。

排卵誘発剤を使用する期間は一時的であるため、女性ホルモンの量が過剰になってもそれほど影響はないとの意見が多くありました。

乳がんは、従来の日本では少ないガンの種類でしたが、近年の生活習慣の変化やストレス過多、食の欧米化によって増加傾向にあります。

特に、乳がんにかかった血縁者がいる場合は一層リスクが高まります。乳がん検診を受診する、生活習慣を見直すなどして対策を考えていきましょう。

排卵誘発剤が原因で太ることはありません。

排卵誘発剤を使用すると、何となく体重が増えたと感じる人が多くみられます。実は医学的には、全く根拠のない話なのです。

「ホルモン剤=太る」と認識されている方も多いようですが、生理周期を整えるのによく処方される低用量ピルでも、服用による体重増加の頻度は少なく、報告によると全体の1割程度であるといわれています。

それも極端に太るというより、1~2kg位の微増であることが多いです。

ただ、排卵誘発剤を使用すると身体がむくみやすくなる場合があります。

むくみによって、多少体重が増加するというケースがほとんどで、急に脂肪の量が増えるといった副作用は報告されていません。

排卵誘発剤の副作用の一種で食欲不振が起こることがありますが、その不振が治まってから反動で一気に食べることで太ってしまうのです。

また、不妊治療中のストレスによる暴飲暴食も考えられます。

不妊治療中は精神が不安定になって、ストレスが溜まりやすくなる時期でもあります。食事の際は、糖分や油分の摂りすぎに極力気を付けて、ストレス発散に軽い運動を取り入れてみることをおすすめします。

まとめ

排卵誘発剤は、不妊治療においては欠かせない薬であり、体質に合っていれば確実な効果を得ることができます。強力な薬である分、副作用が起こることも頭に入れておいてください。

副作用が起こってしまった、もしくは副作用を疑う兆候が現れてしまったら、すぐに医師に相談しましょう。早めに対策することで、重篤な症状を防ぐことができます。

落ち着いた気持ちで、治療を乗り切れることを願っております。