妊娠した時に目で見て分かりやすい体の変化と言えば、やはり「おりもの」ですよね。おりものは色々な特徴があって、「量が多いか少ないか?」「透明か白っぽいか黄色っぽいか?」「塊が見られるか?」「サラサラしているかドロドロしているか?」などが考えられますよね。

さらに、子宮で何らかの出血があると、おりものに血液が混ざっていることも。おりものはホルモンバランスによって変化するので、妊娠した時も妊娠前とで違いが見られます。

おりものをこまめにチェックすることで、早めに体の異常の可能性を知ることも可能です。ところで、妊娠初期のおりもので「白っぽい塊があって、粘り気もある。」なんて言う方はいませんか。

もちろん、妊娠している可能性が高ければ、妊娠の症状として考える方もいるでしょう。でも、初めての妊娠だったり、前回の妊娠のことをよく覚えていなかったりすると、「これって大丈夫なの?」と気になってしまうかも知れませんね。では、今回は妊娠初期のおりものの白っぽい塊、粘りについて見ていきましょう。


スポンサードリンク


・妊娠初期はおりものが増えやすい!

妊娠初期のおりものの特徴として、多くの方が感じるのが「おりものの量が増えたこと」です。妊娠する前は排卵日から生理が始まるまでの間、「妊娠を継続できるように」と言う目的でプロゲステロンの分泌が増えます。

でも、妊娠すると「赤ちゃんを成長させるために」と言う目的で、プロゲステロンの分泌が増加します。妊娠していない時よりも妊娠している方が、プロゲステロンが多く必要とされます。

それで、増えたプロゲステロンの影響で、おりものの量も増加するのです。ちなみに、プロゲステロンの具体的な役割は、子宮の収縮を抑えたり、栄養や水分を体内に溜め込んだりすることです。

赤ちゃんを育てるためには、たくさんの栄養や水分が必要です。逆に、妊娠初期におりものが増えているのなら、「プロゲステロンがちゃんと機能して、赤ちゃんの育ちやすい環境にしてくれているのだ。」と安心しても良いでしょう。

とは言っても、妊娠中の症状も生理の時の症状と同じように、人によって全く違います。おりものが少なかったり、いつもとそれほど変化がなかったりしても、医師から異常を指摘されなければ心配はありません。

・おりもので白っぽい塊が見つかることも!

妊娠初期のおりもので、白っぽい塊を見つける方も少なくありません。量が増えたおりものの中に少しだけ白っぽい塊が見られることもあれば、白っぽい塊がたっぷり発生することも。

おりものの白っぽい塊は妊娠初期に限らず、通常でもホルモンバランスの関係で見られることもありますよね。特に今まで白っぽい塊をほとんど見たことのない方だと、大丈夫なのか不安になってしまうこともあるでしょう。

こんな場合には、おりものの色や臭い、他の症状などをチェックしてみましょう。まずは、色に関しては、無色透明・半透明・白っぽい・若干黄色っぽいなどであれば、異常の可能性は少ないでしょう。

それから、臭いに関しては、無臭か酸っぱい臭いであれば異常の可能性は少ないでしょう。おりものの色・臭いが先に挙げたのとは異なる特徴だとしたら、他の症状と照らし合わせてもう少しチェックした方が良さそうです。

デリケートゾーンの痒み・ヒリヒリ感・痛み・出血など、気になる症状はありませんか。もし気になる症状がある場合には、早めに医師に相談しましょう。


スポンサードリンク


・おりものに粘りはある?

妊娠初期の白っぽい塊を含んだおりものに、粘り気がありますか。妊娠初期だとどちらかと言うと、「サラサラとしたおりもの」「水っぽいおりもの」などと言う方が多いでしょうね。

でも、「妊娠初期のおりものは、絶対にサラサラしていなければいけない!」なんて言うことはありません。多少はネバネバしていることもあります。ただ、白っぽい塊を含んだおりものの中でも注意したいのが、「酒粕のようにポロポロしている。」とか「粉チーズみたい。」なんて言うような場合です。

おりものに個人差があるとは言っても、さすがに正常な状態で粉状のおりものになることはありません。粉状のおりものに加えて、「腐った魚の臭い」「いつもとは違う刺激臭」がするのであれば、感染症の可能性が高いとして早めに婦人科で診断を受けた方が良いです。

妊婦健診で感染症の検査を行う病院は多いのですが、妊娠中は免疫力が低下していてそれだけ感染症にかかるリスクが高いと言うことです。もちろん、発症しないように予防対策がきちんとできるのがベストです。

それでも感染症にかかってしまったら、せめて可能性を感じた時点で早めに婦人科にかかることです。やはり感染症の発見は、遅いよりも早い方が断然良いですから。

・白っぽい塊は胎児ではない?

先にような知識を持っている方でも、妊娠初期のおりもので突然白っぽい塊を見つけてビックリする方もいます。本来液に近いと思われる形のものに塊が混ざっていると、「体内の大切なものが出てきたのでは?」と思ってしまうのも無理はありません。

中には「おりものの白っぽい塊は、胎児ではないか?」と、不安に感じる方もいます。もちろん、白っぽい塊は胎児ではないので安心してください。流産とか子宮外妊娠などの危険な状態にある場合は、おりものに血液が混ざっていたり、強い下腹部痛・お腹の張りがあったりすることが多いです。

特に出血に関しては初めのうちはおりものに混ざっている程度でも、それが3日以上も続いたり、日に日に出血量が増えていくこともあります。このような場合はすぐにでも婦人科にかかる必要があるので、時間外であっても予約をしていなくても迷う必要はありません。

すぐに婦人科に連絡して確認しましょう。また、「不安な症状があるけど、これってすぐにでも連絡すべきほどのものなの?」と、悩んでしまうような方もいるかも知れませんね。

「出血量ってどのくらいが多いの?これくらいはギリギリ大丈夫だったりする?」なんて言うこともあるでしょう。こんな時はまずは婦人科のマニュアルに従って判断し、それでも判断に悩む場合は念のため連絡してみましょう。

・まとめ

妊娠初期はどうしてもおりものが増えやすい時期なのですが、これにはプロゲステロンの分泌の増加が大いに関係しています。なので、ただおりものが増えたと言うだけで、特に心配することはありません。

とは言っても、おりもので普段見掛けないような白っぽい塊が見つかると、「これって大丈夫なの?」と不安になる方もいるかも知れませんね。人によっては「これって胎児じゃないよね?」と、心配してしまう方もいるくらいです。

ちなみに、胎児だとしたら白っぽい塊で出てくることはほとんどなく、むしろ出血の方が注意した方が良いです。おりものに血液が混ざっている程度でも、この状態が3日以上続けば異常サインの可能性があります。

あるいは、初めはごく少量の出血でも、日に日に出血量が増えたり、下腹部痛やお腹の張りが強くなっていくことも。さすがに、このような症状がある時には、迷わずにすぐに婦人科に連絡しましょう。

また、妊娠中は流産・子宮外妊娠以外に、感染症のリスクにも十分に注意する必要があります。酒粕のようにポロポロしていたり、粉チーズみたいだったりなど、粉っぽいおりものが見られる場合には、感染症にかかっているリスクが高いと考えて良いでしょう。

感染症にかかっていると、おりものの臭いがきつくなったり、痒み・痛みが気になったりすることもあります。妊娠中はいつも以上に体がデリケートになっているので、ちょっとした体の変化も見逃さないように気を付けましょう。