着床

着床時の腹痛は激痛?場所は左下?

妊娠を希望している人なら、排卵や着床の時期になるとソワソワしてしまいますよね。早く気付いたところで病院に行ける時期や出産の時期などは変わらないのですが、待ちん望んでいるだけに早く知りたくて仕方がないものです。着床したときの症状などをたくさん調べて自分の体調に敏感になっている人も多いことでしょう。

その着床したときの症状を調べているときに「着床時に腹痛がある」「着床時の腹痛が激痛だった」などを情報を見たことがあるという人もいると思います。「着床時に腹痛」と聞くと子宮で何かあったのでは不安になってしまいますよね…

この着床時の腹痛や激痛の原因の多くは「着床痛」であることが多いです。着床痛というのは、受精卵(正しくは胚盤胞)が子宮内膜に潜り込む際に、子宮内膜を刺激してしまうことによって発生する痛みです。

「排卵痛」というものがあるように、着床したときにも痛みを感じる人は結構いるものなのです。その痛みは「一瞬、チクッとしただけ」「1日ほど、軽い生理痛のようなものがあった」という人もいたら「差すような激痛があってツラかった」という人もいます。

着床痛の痛みの度合いは本当に人それぞれなのです。もし、激痛で立っていられないほどツラかったり、何日も痛みが続くようであれば「これは着床痛だから…」などと思いこんだりせずに病院を受診するようにしてくださいね。

また、着床痛の痛みを感じる部分も人それぞれです。「お腹の左下で痛みを感じた」という人もいれば「下腹部全体が痛む」という人もいます。なかには「足の付け根に痛みを感じる」「腰が重たい感じがする」など、一見着床しているはずの子宮とは違う部分に痛みや違和感を覚える人もいるのです。ですが、着床していた場合はそれも着床痛のうちにはいります。妊娠初期症状で腰痛や足の付け根に痛みを感じるというのはよくあることなので安心してくださいね。

ちなみに、この着床痛は必ずみんなにあるというものではありません。むしろ、着床痛がない(または、気付かない)という人のほうが多いです。

また、あまり着床痛を気にしたりしていると、何もないのに「痛い」と錯覚してしまうこともあるので気をつけたいところです。

妊娠を希望している人に「妊娠しているかどうかはあまり気にするな」「着床のことは忘れるくらいの気持ちで過ごせ」というのは無理な話ですが「もうすぐ着床の時期だから着床痛があるかも!」と期待しすぎるのはやめておきましょうね。


スポンサードリンク


■着床したら、着床痛以外にも症状があることも

着床をしたら着床痛がある人がいますが、これ以外にも着床の症状が現れる人もいます。

なかにはかなり早い段階で妊娠初期症状やつわりの症状が現れる人がいます。突然食べ物の好みが変わったり、特定のにおいが苦手になったり、船酔いしたような気持ち悪さや吐き気に襲われたりなどがあって、「もしかして…」と思うことでしょう。ほかには、胸が張りだしたり、むくみやすくなったり、眠気やだるさ、微熱などの症状が出来ることがあります。

また、着床の時期に「着床出血」を起こす人もいることでしょう。着床出血とは、受精卵が子宮内膜に潜り込む際にちょっとだけ子宮内膜を傷つけてしまうことによって起こす出血です。

「傷つける」「出血」と聞くとギョッとしてしまうかもしれませんが、着床の際に付くキズは本当にわずかなものなので、妊娠継続には問題ありませんよ!着床出血の場合は出血は少なく、だいたい1日程度でおさまるので、下着にナプキンを付けて出血がおさまるのを待つといいですよ。

もし、出血量が多かったり、だらだらと何日も出血が続いた場合は早めに病院を受診するようにしてくださいね。


スポンサードリンク