生理は毎月憂鬱なものですが、女性にとって健康を示すものでもあります。健康な女性の場合、妊娠が成立しなかった場合は25日から38日周期で訪れます。生理によって子宮のなかにある古い子宮内膜を外に排出し、体はまた次の周期に向けて新しい内膜を作りはじめます。

このように、一般的には生理周期は「25日から38日周期」なのですが、なかには25日よりも早いペースで生理が訪れるという人もいることかと思います。

生理周期が25日未満である状態を「頻発月経」といい、「初潮が訪れて間もない人」や「閉経が近い人」など、ホルモンバランスが安定しないことが原因で生理周期が短くなることがあります。

このように、年齢などの時期的なもので生理が短くなることはよくあるものですが、それ以外の人の場合は「黄体機能不全」などの女性ホルモンの異常や「子宮筋腫」「子宮ガン」などの病気が原因であることがあります。

特に子宮頸がんや子宮体ガンだと怖いので「最近、生理が短いな」と感じたらすぐに婦人科を受診するようにしてくださいね。

また、日頃の生活が不規則であったり、ストレスの多い生活をしていたりすると、ホルモンバランスが崩れて生理周期が短くなったり長くなったりすることがあります。

近年では女性の社会進出が進んでいるので、残業やハードなスケジュールの仕事をしたり、責任のある仕事を任されて日々走り回っている女性も増えています。ですが、生理周期が乱れるような生活環境や精神状態ではいけません。

ほかにも、生理周期が短いと卵巣機能が低下していることも考えられるため、不妊の原因にもなりえます。妊娠を希望している女性にとっては大変な問題ですよね…一般的な生理周期の女性と比べると妊娠しにくい状態にあるのは確かです。

なんにしても、体が正常な状態であれば生理周期が25日未満であることはあまりないので、早めに婦人科で相談することをおすすめします。


スポンサードリンク


■生理期間が短い場合は?

ここまでで、生理周期が25日未満と短いのは体にとってはあまり良くない状態であることがお分かりいただけたことかと思います。

そして、生理周期ではなく生理期間が短いのも気なりますよね。生理期間と周期と同じように個人差はありますが、だいたい「4日から7日間」くらいが一般的です。多くの人は生理から2日目に出血のピークを迎え、そこから2日から3日かけてゆるやかに生理の終わりを迎えます。

ですが、なかには「4日から7日間」よりも生理期間が短いという人もいます。2日くらいで終わってしまう短い生理を「過短(かたん)月経」と言います。過短月経の場合、生理はあるのに排卵がともなっていない「無排卵月経」になっていることが考えられます。この状態は妊娠を希望している女性は看過することができないものです。

過短月経や無排卵月経になる原因としては、不規則な生活やストレスの多い生活、ホルモン異常なとが考えられます。

生理期間が短いと「憂鬱な時期が短くて助かる」「このほうが楽だ」と思ってしまう人もいると思いますが、生理期間が2日というのはあまりにも短く、異常な状態です。このまま放置して過ごすのはよくないので「人より生理期間が短い」と感じたら、まずは婦人科を受診して原因を明らかにするようにしましょう。

また、婦人科を受診する際は基礎体温を記録したグラフを3ヶ月分ほど持参すると参考になります。ですが、妊活している人にとっては基礎体温は常識ですが、それ以外の人は基礎体温を計っていないという人も多いことかと思います。基礎体温は女性の体のリズムや調子を表す大切なものなので、つけていない人はこれからのためにつけ始めることをおすすめします。