女性にとって生理は健康のパロメーターです。毎周期規則正しく生理が来ているか、経血の様子はどうか、生理期間は正常かなどで自分の健康状態がよくわかります。ですが、生理の様子は個人差があり、人それぞれの悩みがあることかと思います。

そんな人のなかには「生理が終わらない(生理期間がやたら長い)」という悩みをお持ちの人もいることかと思います。
一般的には、生理期間は3日から7日であるとされています。

これよりも生理期間が短い人(生理開始から2日で出血が完全に止まるなど)は「過短月経」といいます。また逆に、生理開始から8日以上経っても出血が止まらず生理がダラダラと続くという人は「過長月経」といいます。

どちらも正常な状態の生理ではく、何らかの異常が原因で生理が短すぎたり長すぎたりしているのです。

特に「過長月経」の場合、ダラダラと出血があると「子宮や卵巣に何が起きているのか」「大きな病気かもしれない」と不安な気持ちになりますよね。

また、過長月経は繰り返していると出血期間が長いことから貧血になっていってしまうので早めに婦人科を受診して原因を突き止めて、その原因に対応した治療を受けるようにしないといけません。

無排卵月経とは、排卵せずに生理が来ることを言います。正常な状態であれば、排卵期に排卵をし、妊娠が成立しなかった場合はそのまま生理が来る→3日から7日で生理が終了するというパターンがほとんどです。

ですが、無排卵月経の場合はそうはいきません。ダラダラとした出血が続くことが特徴で、長い人だと生理開始から2週間くらい出血が続く人もいます。

また、期間が長いとはいえ生理が来るので排卵してると思い込んでしまう人も多く、妊活している人にとっては気づきにくい不妊の原因となっていることがあります。妊娠を希望している人は、生理に異常を感じたらすぐに婦人科に相談に行くようにしてくださいね。

ほかにも、生理期間が長い人は経血の状態がどんなものかをよくチェックするようにしてみてください。もし、鮮血が出ているようであれば注意が必要です。

正常な生理の経血は、多少の個人差はありますが、ドロッとした深い赤色または少し茶色がかった赤色をしているものです。個人差があるといえ、サラッとした鮮やかな鮮血ではありません。

鮮血があるということは、それは生理による経血ではなく不正出血である可能性があります。子宮内にポリープが出来ていたり、筋腫が出来ていたりすると鮮血がある場合があります。

生理の時期に出血を起こすと生理か不正出血か判断がつきにくいものですが、鮮血があるのは体からのサインの1つなので、注意しておくに越したことはありませんよ。

また、先ほどお伝えした無排卵月経の場合でも鮮血が出ることがあります。このまま放置していても改善される保証はないので、早めに婦人科を受診しましょうね。


スポンサードリンク


■無排卵月経かどうかを知るには基礎体温が役立つ

ダラダラと出血が長引き、ときとして鮮血が出る無排卵月経。妊活中の人にとって排卵がないというのは大きな問題なので早く改善したいものですよね。

自分の生理が無排卵月経かどうかを知るには、基礎体温がとても役に立ちます。

排卵があった場合は低温期と高温期がキレイに別れるものですが、無排卵の場合はそれがありません。毎日基礎体温を計ってグラフをつけている人から見るとすぐに違和感に気付くことができるでしょう。

数ヶ月のデータと突き合わせてみて、おかしな基礎体温がある周期が続く場合は無排卵月経の可能性が高いので、基礎体温をつけたグラフを持って婦人科で相談してみましょうね。